堀江貴文氏

写真拡大

17日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で堀江貴文氏が、現代の小中学校教育に苦言を呈した。

番組では、堀江氏が教育に関する著書「すべての教育は『洗脳』である 21世紀の脱・学校論」(光文社新書)を持参して自ら宣伝した。以前から、教育論について書くよう周囲にしつこく言われていたそうで、今回、重い腰をあげて書いたのだという。

司会のふかわりょうが「刺激的なタイトル」と指摘すると、番組アシスタントのミッツ・マングローブも「なかなか旬なタイトルですね」と、書籍のタイトルに注目した。そして、ふかわが「教育は洗脳だとは実際には思っていないですよね?」と尋ねると、堀江氏は「思ってますよ」と即答した。

続けて堀江氏は「今の小中の教育を受けてたら、これから10年後、使い物にならない人材になりますよ、間違いなく」と断言。「時代が大きく変わってるんで」と、教育の現場も時代にあわせた変化を早くするべきだと警鐘を鳴らした。

【関連記事】
堀江貴文氏 女子大生刺傷犯に厳罰化求める流れに警鐘
堀江貴文氏が子育てに持論 面倒くさがる人が子どもを作るのは「害悪」
堀江貴文氏 自己破産が増える奨学金の問題点を指摘「実態は学生ローン」