亡くなった中居の父の病室も見舞った

写真拡大

 振付師でダンサーの武田舞香(32才)との同棲熱愛が発覚した中居正広(44才)。これまでに恋の噂はチラホラあった中居だが、糟糠の恋人が報じられたことは一度もない。

 1999年にはテレビ朝日のアナウンサー・下平さやか(44才)との熱愛が、2005年にはフジテレビアナウンサー(当時)で人気絶頂だった中野美奈子(37才)との交際が報じられたが、どちらも報道後すぐに破局。芸能界屈指のビッグカップルと話題となったのが2007年の歌手の倖田來未(34才)との熱愛発覚だった。マンションのお泊まりや、温泉旅行が報じられたが、1年ほどで破局。中居を知る芸能関係者が打ち明ける。

「一言で言うと、中居くんは女性にとって“めんどくさい男”。つきあっていても、“夜景のきれいなレストラン”や旅行に連れて行ってくれることもない。アイドルだから避けているというよりむしろ、単に中居くんが“お洒落”な場所に興味がないからです(苦笑)。彼はお新香が出てくるような飾らないお店が好きで、地元の後輩がやっている居酒屋に足繁く通って焼酎をちびちびと飲むのが好みなんです」

 しかも中居がよく口にする話題といえば、トップアイドルとは思えないほど“シブい”ものばかり。

「中居くんはあるテレビ番組で“絶対に譲れないもの”として『野球』『地元の友達』『麻雀』を挙げたことがあるほどで、要するに趣味や考え方がオッサンなんです。マニアックな野球話を延々とされても普通の女の子はついていけませんよね」(前出・芸能関係者)

 女性に対しても、よくいえば飾らず素直、悪くいえば雑でズボラ。「テレビでよく見るあのまんま」というのが周囲の評判だ。

「芸能人仲間との華やかな食事やパーティーとは無縁でデートも自宅だけ。倖田來未ちゃんなんかは“家で会うだけじゃつまんない”と半ば強引に中居くんを温泉や旅行に連れ出していましたが、それが最終的には重くなって疲れてしまったようです」(前出・芸能関係者)

 そんな女泣かせの中居の隣に6年以上もいるのが、武田だった。

「彼女はややこしいことは一切言わず、中居くんの好きなようにやらせて、サポートするそうです。彼のプライベートは大切にするし、無理な要求もなし。家の中でふたりでいられればいいというタイプなので、中居くんも安心していろいろなことを委ねられるんです。こんなに長く同棲生活を送ったことは、彼にとってもちろん初めてでしょう」(前出・芸能関係者)

 武田は、結婚できない男が初めて出会った“毎日、一緒にいられる女性”だったのかもしれない。

「一昨年に亡くなった中居くんの父親の病室を見舞った女性がいると噂になっていましたが、それが彼女だったそうです。最愛のお父さんに会わせたというのは中居くんもそれなりに腹を決めているということでしょう。SMAPも解散して、結婚への支障もありませんから」(前出・芸能関係者)

 中居はかつて自身の結婚について次のように語っていた。

《女性の方々は幸せな結婚生活を望んで結婚されたわけでしょ? それが重い。僕の条件はもしかして、この人だったら不幸になってもいいって人と結婚するのかな》

 いかにも中居らしいネガティブな結婚観だが、つい1か月ほど前のラジオ『中居正広ON&ON AIR』(2月11日放送、ニッポン放送)ではこんな発言に変わっていた。

《ちょっと今年は俺、女の子と遊びたいわ〜。いいかな? いい? 俺、今年は女の子と、ご飯食べにいきたい》

 SMAP解散から3か月、ふたりの前に障壁はない。

※女性セブン2017年3月30日・4月6日号