子役たちが愛らしい! - ナイ役のチャーリー・ショットウェルとサージ役のシュリー・クルックス
 - (c) 2016 CAPTAIN FANTASTIC PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

写真拡大

 人里離れた森の奥深くで6人の子供たちにハイレベルな教育を授けてきた父親の姿を描いた映画『はじまりへの旅』から、主演ヴィゴ・モーテンセンの子供たちを演じたチャーリー・ショットウェル(ナイ役)、シュリー・クルックス(サージ役)、ジョージ・マッケイ(ボウドヴァン役)のインタビュー映像が公開された。映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのアラゴルン役で知られるヴィゴとの共演を大興奮で振り返る子供たちはとびきりキュートだ。

 本作は、現代社会と隔絶された森の中で暮らしてきた風変りな一家が、入院中に亡くなった母の葬儀に出席するため、ニューメキシコまで2,400キロの道のりをバスで旅するさまをつづったロードムービー。父(ヴィゴ)と子供たちのウイットに富んだやり取りに大いに笑わされ、彼らの互いを思う気持ちの強さに心揺さぶられる良作で、第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門では監督賞(マット・ロス監督)を受賞し、ヴィゴは第89回アカデミー賞主演男優賞にもノミネートされた。

 小さなナイ役のチャーリーは「最初にヴィゴ・モーテンセンと一緒に映画に出るって聞いたときは、うわーーー!! って思ったんだ。『ロード・オブ・ザ・リング』で彼のことを知っていて大ファンだったから」と大興奮。「僕はアラゴルンの絵を描いて、『あなたが誰だか知っていますよ!』って彼にプレゼントしたんだ。彼はとても楽しい人だよ。ヴィゴが僕らを本当の家族にしてくれたんだ」とすっかりヴィゴに魅了されてしまったよう。

 その姉サージ役のシュリーも「わたしもチャーリーと同じだった。ママ、パパ、わたしアラゴルンに会うのよ! どうしよう!? って」と当時の興奮具合を再現すると、「彼に会うのが待ち遠しかったけど、わたしはちょっとナーバスになった。だって彼は大スターだから」と告白。しかし、実際のヴィゴは「すごく親切でフレンドリーでちょっとシャイ」で子供たちみんなを温かく受け入れてくれたとうれしそうに振り返った。

 そんなチャーリーとサージの様子を優しい眼差しで見守っていた長男ボウドヴァン役のジョージは、ヴィゴの撮影現場での振る舞いに多くを学んだといい、「彼は俳優としてすべてのプロセスに深く関わっていた。実際にカヌーといった小道具や、みんなの着る洋服を持ってきたり、僕たちが住んでいた周りに池を作ったりしていたんだ」と感銘を受けた様子で語っていた。(編集部・市川遥)

映画『はじまりへの旅』は4月1日より公開