「BLAME!」メインビジュアル (C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局

写真拡大

 「シドニアの騎士」の弐瓶勉氏のデビュー漫画をアニメ映画化した「BLAME!(ブラム)」が、5月20日から劇場公開(2週間限定)と全世界配信(Netflix)されることが決定した。あわせてメインキャストも発表され、主人公・霧亥(キリイ)役の櫻井孝宏をはじめ、花澤香菜、雨宮天、山路和弘、宮野真守、洲崎綾、島崎信長、梶裕貴、豊崎愛生らが出演することがわかった。

 「月刊アフタヌーン」(講談社刊)に1997〜2003年に連載され、SF漫画の金字塔として国内外から支持されている人気漫画を、テレビアニメ「シドニアの騎士」を手がけた瀬下寛之監督(1期の副監督、2期の監督)とポリゴン・ピクチュアズ(アニメーション制作)がアニメ映画化。人類が「違法居住者」として駆除・抹殺される暗黒の未来を舞台に、無限に増殖を続ける「階層都市」の探索者・霧亥の孤独で危険な旅を描く。弐瓶氏が総監修としてシナリオやキャラクターデザインなどのクリエイティブディレクションの中核を担っている。

 声優キャストは、霧亥役の櫻井をはじめ、霧亥と行動を共にする科学者・シボを花澤、とある村で暮らす少女・づるを雨宮、「電基漁師」のリーダー・おやっさんを山路、おやっさんの右腕・捨造を宮野、づるの親友・タエを洲崎が担当。さらに、フサタを島崎、アツジを梶、統治局を豊崎が演じる。

 また音楽は「亜人」の菅野祐悟、主題歌は「蒼穹のファフナー」「シドニアの騎士」も担当した音楽ユニット「angela」が手がける。