腰痛に悩む中高年男性は少なくない。腰が痛くなると、日常生活はもちろん、セックスにも支障が出る。
 「腰痛で腰を振るのが辛い、という方は多いんです。正直、女性としては本当に困ってしまいます(笑)。挿入時の楽しみが半減しますからね」
 こう語るのは、元AV女優で、スポーツジムのインストラクター経験もある竹下ななさんだ。

 やはりセックスにおいて、“ピストン運動”は重要。
 「絶対に激しく腰を振ってもらいたいわけではないんですが、力強くピストンされると男性の野生も感じられるし、自分が強く愛されている気持ちが高まって興奮するんですね」

 もちろん、挿れたまま“ゆっくり腰を動かす”という行為も悪くはないのだが…。
 「かといって、腰痛を放っておくと挿れることすら難しくなるんです。つまり、腰痛が原因でEDにもなるんです」

 意外や意外。なぜ、腰痛とEDは関係があるのか。
 「腰には、下半身に影響を与える神経が数多く存在するんです。その中には勃起と関係する神経もあるので、ここを痛めてしまうと勃起力も衰えるんです」

 それだけではない。腰痛になることで、腰の筋肉も弱くなるという。
 「それによって起こるのは、姿勢の悪さです。猫背になったり顔も無意識に顎を突き出した形となったりして、簡単に言えば不格好になります」

 つまり、男性としての魅力も失われてしまうのだ。では、腰痛を治すにはどうすべきか。整骨院などに通うことも大切だが、やはり日頃から正しい姿勢を取ることが大事だ。
 「正しい姿勢の基本は、背筋をちゃんと伸ばし、頭の角度もまっすぐにする。真上から1本の糸で頭を引っ張られている感覚をもって、姿勢を維持するのです」

 確かに分かるが、これをずっと維持するのは辛い。また、仕事中やゲーム、テレビなどを夢中で見ている時は、つい正しい姿勢の維持を忘れがちだ。
 そこで竹下さんがお勧めするのが“首巻きタオル”。
 「やり方は簡単。バスタオルぐらいの大きさのタオルを首に巻くのです。幅は10〜15センチぐらいがいいでしょう。そして、そのタオルが落ちないように顎を引いておくのです」

 さすがに職場ではできないが、家にいる時はやってみよう。
 すると、どうなるか。
 「顎を軽く引くことで、自然と正しい姿勢が維持できるのです。とくにこれは、普段、パソコンを使って仕事をしている方にお勧めです。どうしてもパソコンをすると、画面を見ようとして顔を突き出してしまうんです。この姿勢が癖になると、ただ単に歩いている時も、顔がヒョコッと前に突き出した感じになり、言い方は悪いですが“おじん臭く”なるんです」

 これでは女性からモテない。逆に顎を引くことで、顔も小顔に見えてシャキとした雰囲気が出せるという。もちろん、姿勢が正しくなることで勃起力も回復。
 「腰にかかる負担が少なくなれば、勃起に影響を与える神経への圧迫も減るので、ペニスの状態がよくなるんです」

 “首巻きタオル”が、人生をバラ色に変えてくれるかもしれない!?

竹下なな
精力料理研究家。元AV女優であり、現在はヨガインストラクターとして活躍。大の料理好きでもあり、精力アップのための食材を使った簡単料理を日々、研究している。近著に『セックスが危ない!』(三和出版)。