痛い離脱が判明したMF家長昭博(左)とDF舞行龍ジェームズ

写真拡大

[故障者情報]

 川崎フロンターレは17日、DF舞行龍ジェームズが16日に川崎市内の病院で手術を行ったと発表した。かねてより右膝を痛めており、検査の結果、右膝外側半月板損傷と診断されたという。全治は5か月。同選手は今季より川崎Fでプレーし、ACLの2試合に出場していた。

 またMF家長昭博も検査の結果、右足第一末節骨の骨挫傷及び不顕性骨折と診断されたと発表した。こちらもかねてより痛めていたため検査を行ったという。復帰までは1か月を要するとしている。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ