フランス南部のグラースで、発砲事件があったトクビル高校付近に集まる人々(2017年3月16日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】フランス南部グラース(Grasse)の高校で複数の銃と手投げ弾で武装した生徒が発砲し、発砲を受けた生徒3人と校長を含む計14人が負傷した事件で17日、2人目となる容疑者が拘束された。司法筋が明らかにした。

 司法筋によると、拘束されたのは発砲した生徒の友人の兄弟。

 発砲した生徒は16日の事件直後に警察に投降し、身柄を拘束された。その際、生徒はライフル1丁と拳銃2丁、手投げ弾1個を所持していた。捜査当局によると、生徒は情緒不安定で銃に強い関心を持っていたという。

 捜査当局に近い関係者によると、生徒が所持していた武器は両親と祖父のものだという。事件では計14人が負傷し、その多くは発砲に驚いた人々が殺到するなどして混乱したことによるけがだという。
【翻訳編集】AFPBB News