【神戸vs磐田プレビュー】クラブ史上初の開幕3連勝で首位の神戸…磐田は前節の大宮戦で今季初勝利

写真拡大

■ヴィッセル神戸 前節移籍後初ゴールを決めた大森晃太郎が攻撃陣のカギを握る

 開幕戦でレアンドロが負傷したが、心配をよそにクラブ史上初のJ1開幕3連勝で首位に。渡邉千真&田中順也の2トップに加え、途中出場のウエスクレイが攻撃陣にいいアクセントをもたらし、前節の仙台戦は2−0で快勝。選手層の厚さを証明して見せた。

 磐田戦で攻撃陣のカギを握りそうなのは、前節の仙台戦で移籍後初ゴールを決めた大森晃太郎だ。「(加入後)3試合目でやっと結果を残せたかなと思います」と淡々と話しながらも、手応えを感じた大森の“崩し”に期待は高まる。ただ、仙台戦では同じ左のSB橋本和の攻撃参加が減少。守備重視のゲームプランもあったと思われるが、縦横無尽に動く大森のプレイスタイルの影響とも考えられなくもない。一長一短にどう折り合いをつけるかもポイントか。右SHは松下佳貴の活躍が光ったものの、スプリント力に長けた小川慶治朗が負傷。両サイドハーフの人選はまだまだ手探り状態といえそうだ。

 とはいえ、大森と同じく仙台戦で神戸での初ゴールを決めた藤田直之や韓国代表に選出されたGKキム・スンギュなど好調な選手も多い。守備面では3試合でわずか1失点とほとんど崩されておらず、さらに仙台戦ではセットプレーではなく流れの中から2得点が生まれた。セカンドボールを拾って技ありシュートを決めた藤田は「1試合で何回かペナルティエリア内に入ろうと決めていて…。(ゴールの場面は)いいタイミングで入れた」と笑顔をのぞかせた。(totoONE編集部)

■ジュビロ磐田 前節新加入の中村俊輔と川又堅碁が移籍後初ゴール、課題の攻撃面に光明

 磐田は今節、3連勝で首位に立つ神戸と戦う。昨季はリーグ戦とルヴァン杯で3度対戦し、計10失点を喫した。苦い記憶を振り払い、雪辱を果たせるか。

 昨季はレアンドロとP・ジュニオールの強力FW陣に手を焼き、2人に合計9失点を許した。P・ジュニオールが鹿島に移籍したのに加え、レアンドロが長期離脱。天敵2人がいないのは好都合だが、神戸の攻撃力は開幕3試合で5得点と、昨季と比べても見劣りしない。ここまでの3試合で2失点と安定する磐田守備陣が、好調の相手攻撃陣を抑えられるかに注目したい。

 15日のルヴァン杯札幌戦で、前節大宮戦に先発した藤田義明と櫻内渚のディフェンダー2人がフル出場した。神戸はルヴァン杯の試合がなく、磐田は中2日で今節を戦う疲労の影響が懸念される。そんな中、右足首を痛めて前節欠場した森下俊が復帰したのは心強い。

 磐田は前節大宮戦で今季初勝利。新加入の中村俊輔と川又堅碁にも待望の移籍後初ゴールが生まれた。攻撃力アップを期待された新戦力2人の得点は、チームを勢いづかせるだろう。開幕2戦無得点の責任を背負っていた川又も重圧から解放されたはず。中村も徐々にチームにフィットし、大宮戦は得点シーン以外にも決定機を作り出した。課題を抱えていた攻撃面で光明が見えた良い流れを、神戸戦にも持ち込みたい。(totoONE編集部)