1.7インチスクリーンがフロアをアゲる。

定番のDJアプリ「djay 2 for iPhone」はApple Watchに対応していますが、Apple Watch側からPCのDJソフトを操作できる別アプローチなDJアプリ「Kontrol for Traktor」がリリースされたと、Synthtopiaが取り上げています。



映像はBassAppsより。

このアプリは、PCで動作中のTraktorやSeratoなどのDJソフトを、iOSやAndroidでコントロールできるというもの。いわゆる無線MIDIコントローラーのようなものなんですが、それがApple Watchにも対応しているので、このように手首の1.7インチスクリーンを通じてDJプレイができてしまうという次第です。

Apple Watchからはホットキュー、再生と停止、FX(エフェクト)、ループ、クロスフェーダーなど、基本的な操作が可能。フェーダー類がスライドではなくタップ式なので連続的変化こそ作れませんが、かわりに最低限の操作性は確保できていそうです。

しかし、普通にPCやDJコントローラーを使ってプレイしているときの遠隔リモコンとして使えるのは面白いところ。『ジャイアントロボ』の草間大作のように「ローパスだ、ロボ!」という感じでエフェクトをかければ、気持ちもフロアもテンアゲでしょう。

ん、ということはフロアに居てもブースのソフトを制御できる? いや、さすがにマッチングとか射程とかあるか……。じゃないと遠隔DJハッキングとかできてしまう。夜な夜なクラブに現れる謎のDJハッカーとかさすがにやばい。


image: YouTube
source: Synthtopia, YouTube, App Store1, 2, Google Play

(ヤマダユウス型)