森友学園理事長・籠池泰典氏(Motoo Naka/アフロ)

写真拡大

 15日、大阪の学校法人「森友学園」をめぐる問題で、理事長退任を表明している籠池泰典氏は、日本外国特派員協会で会見する予定であったが、同日朝になって急遽中止した。籠池氏と妻・諄子氏、長男・佳茂氏は上京し、ノンフィクション作家・菅野完氏の事務所に向かった。詰めかける報道陣の前で、菅野氏が籠池氏の主張を断片的に語るという、異例の展開となった。

 そして16日には、籠池氏は大阪府内で野党4党の議員と面会し、安倍晋三首相から昭恵夫人を通じて100万円の寄付を受けたと証言し、政権を揺るがしかねない事態となっているが、森友学園の問題を追っている、ジャーナリストの須田慎一郎氏に話を聞いた。

「籠池氏は会見を反撃の場にしようとしていた。ここで新たな爆弾が炸裂する可能性もあったんですよ」

 菅野氏は、松井一郎大阪府知事と、当時の財務省理財局長であった迫田英典国税庁長官の顔写真を掲げて、彼らを追求しろと報道陣に迫った。問題にかかわっているとすでに疑われている2人であり、“爆弾”ではなかった。

「森友学園が開校しようとしていた瑞穂の國記念小學院に対して、認可が適当だとする答申をまとめるに当たって、近畿財務局から大阪府の私学課にプレッシャーがあったと、松井知事が言っていますね。小学校の用地として、近畿財務局としては国有地の賃貸を認めたいんだけど、大阪府が認可を下ろすことを確約しない限り、賃貸は認められないという立場があった。認めたいから大阪府に働きかけをしたというふうにも受け止められるわけですよ。そうすると、近畿財務局が裏で動いたというようなところが色濃く見えてきます。籠池氏は今回しばらく身を隠していましたよね。『アパホテルにいた』『財務省からそうするように言われた』とも本人は言ってますね」(同)

 では、会見中止には、どのような意味があったのか。

「稲田朋美防衛大臣が今、窮地に立たされています。当初、十年来会ってないとか、顧問弁護士を務めたこともなければ、裁判に出廷したこともないと言っていた。それが、裁判に出廷していることを示す資料が出てきてしまったわけです。短時間に全部の資料をひっくり返して探すっていうことはとてもできないですから、森友学園サイドの情報提供によって出てきたのは明らかです。さらに数千円ではあるけれど、献金を受けていた事実が出てきた。こういったことが次から次に出てきかねない状況があるわけです」(同)

●一蓮托生

 菅野氏からは、現役閣僚が籠池氏に金を渡していたという話も出ていた。

「籠池氏にしてみたら、学校は開設できない、土地は返還しなきゃならない、返還するには更地にしなくちゃならない、更地にするためにも工事代金を払わなければならない、補助金も返さなければならない。籠池氏のほうとしては、経営的にはアウトになってしまうわけですよ。小学校どころか幼稚園の存続も危うい状況になってしまう。籠池氏にしてみたら、俺だけが悪いのか、お前たちだって一蓮托生じゃないかという思いがあるわけです」(同)

 菅野氏からは、籠池氏の持っている情報が全部出たら、内閣が2つくらい飛ぶという話もあった。

「稲田大臣の発言は明らかに虚偽答弁で、本来の野党のやり方なら、国会審議をすべて止めて国会を空転させてもおかしくないくらいの問題です。だけど、いきなり解散総選挙になったら準備ができていないから困るとか、民進党にしたら蓮舫代表のリーダーシップが落ちてきて一枚岩ではないという事情もあり、ちょっと腰が引けてるんですね。だけど、これから先、次から次に問題が出てきたら、今の状態では済まなくなる。それは政権としても困るわけです」(同)

 一蓮托生をやめて、籠池氏の側に得るものがあるだろうか。

「森友学園になんの損害も発生しないということには、ならないでしょう。だけど、100のダメージを70や60くらいにするということはあると思います。土地の返還を求めるにしても、すぐに返せというのではなく、時間的な余裕を与えておいて曖昧にしてしまうというのは行政のやり方としてはよくあることです。大阪府は刑事告訴すると言っていますが、その可能性については捨てきれないけれど、実際には告訴しないということもあるわけです」(同)

 籠池氏は16日、大阪府内で野党4党の議員と面会し、安倍晋三首相から昭恵夫人を通じて100万円の寄付を受けたと語った。これを受け、与野党一致して、籠池氏を国会で証人喚問することが決まった。証人喚問はドタキャンは許されず、偽証すれば罪に問われる。問題の根幹である、国有地の8億円値引きから始まる疑惑の真相が明らかになるよう願いたい。
(文=深笛義也/ライター)