【REPORT】パク・ソジュン、ホワイトデーにマカロンのように甘いファンミーティング…ドラマ「花郎(ファラン)」の名場面を実演で振り返る ― Vol.1

写真拡大 (全2枚)

ドラマ「キルミー・ヒールミー」「彼女はキレイだった」など人気を集めるパク・ソジュンが、3月14日に東京Zepp Tokyoにて、2度目のファンミーティング「Park Seo Jun 2017 Fan Meeting in Japan 〜♡White Day♡ with JUNNER〜」を開催。来日は昨年4月に行われた初単独ファンミーティング以来1年ぶりのことで、会場は期待で胸をふくらませたファンで埋め尽くされた。

立ち見まで出るほど超満員の客席。ホワイトデーである、この日のために作られた白いキャンディ型のペンライトが揺れる中、ブラックのスーツにホワイトシャツの清潔感あふれるファッションでステージに登場したパク・ソジュン。Crushの「どのように過ごしてるの?」を歌いあげたあとは「お久しぶりですね」と挨拶。そして、数日前からプライベートな時間を持つために来日して、友人と原宿や新宿に行ったことを明かすと「韓国では顔を知られて町を歩くのが難しいから、外国では歩けるのが楽しい」と優しい笑顔を浮かべた。

ドラマ「花郎(ファラン)」映像で振り返る

最初のコーナーは、韓国で終了したばかりの最新ドラマ「花郎(ファラン)」を振り返る企画。スクリーンに名場面の数々が映し出され、3月25日よりDATVで日本初放送されるドラマへの期待が高まる。MCの古家正亨氏から撮影中のエピソードを聞かれる際「若い俳優が多い中の最年長で、まとめ役だったんですよね?」とふられると、なぜかため息をついて苦笑い。そして「エピソードというわけじゃないですが、僕はほぼ毎日撮影現場に行っていたんですが、(SHINeeの) ミンホとか、(防弾少年団の) Vはすごく忙しいので、現場に来たら迎えて、去るときは送り出して、なんだか学校の先生みたいな気分でした(笑)」とコメント。作品の魅力を聞かれると「僕は今年でかぞえの30歳になるのですが、撮影当時は29歳でした。青春を燃やす若者を演じるには、20代の最後としていいのではないかということで作品を選んだということもありました。そして、アクションシーンが多いので、果たしで僕はこなせるだろうか、と自分自身に対する問いかけもあったので、今回この作品で身体を思い切りつかってみようかなと出演を決めたんです」と回答。長めのコメントを通訳される間、なんども深くうなずく姿に、古家氏から「めちゃ、日本語を理解してる人みたいですね」と、つっこまれて「耳にスルスル入ってきましたね」と切り返す場面も。

SHINee ミンホ&防弾少年団 Vから応援メッセージ

ここでファンミーティング開催を祝って「花郎(ファラン)」の共演者からの映像メッセージが。1番目はSHINeeのミンホが日本語で「今日はソジュンさんのファンミーティング。おめでとうございます! ファンのみなさん楽しんでいますか? 今日はホワイトデーなのでステキな思い出をたくさん作れると僕もうれしいです。これからもソジュンさんの応援よろしくお願いします」と。続いては防弾少年団のV。「兄さんはシャイだから、モジモジしているかもしれないですが、みなさん楽しんでください。ソジュン兄さん、怪我をしないで、ファンミ―ティングが成功するように。ファンのみなさんと楽しくたくさん遊んでいらしてください。ファイト!」と。これに対して古家氏は「怪我をしないファンミーティングって、どんなファンミーティングを想像していたんでしょうか?」とつっこみを入れると、パク・ソジュンは笑いながら「韓国に戻ったら電話で聞いてみます」とコメントした。また、このVTRの存在はパク・ソジュンには知らされていなかったそうで、2人に語りかけるように「コマプタ(ありがとうな)」と感謝の言葉を述べた。

ヒロインとの名場面を実演で振り返る

弟たちからのメッセージが披露されたあとは、パク・ソジュン演じるソヌと、Ara演じるヒロインのアロとの名場面が映し出され、そのまま「アロになりきり! 再現タイム」コーナーへ。チケットの半券が入った抽選箱から選ばれた3名のファンがステージにあがり、名場面を再現するというもの。パク・ソジュンは「アロになりきって、憂いを帯びた眼差しをしてくださったら、いい演技ができると思います」とアドバイスを。1人目のファンが再現したのは「危機一髪! 酔ったアロを救うシーン」とのことで、ふらふらするアロをお姫様だっこをするシーン。腕のストレッチをして準備をするお茶目な姿に客席は爆笑。ファンにかけよって抱き上げると、黄色い歓声があがる。ファンが「重くて申し訳ないです」と恐縮すると、日本語で「いえ、いえ」と配慮を見せた。
2番目は「本当に兄妹? 傷跡を確かめるシーン」。泣きじゃくるアロの腕をつかんで引き寄せ、自分の胸元の傷を見せるシーンとあって、さめざめと泣きじゃくる仕草を見事に演じたファンに会場は大爆笑。引き寄せたパク・ソジュンは日本語で「はじゅかしい」と、頬を赤らめた。
3番目は「ソヌ大丈夫? アロに寄りかかるシーン」。まずはパク・ソジュンがひとりで「僕がこうやって倒れます」と脱力して倒れる姿を再現。そして実際に、ファンがアロとなって身体を受け止めると「ギャー」と悲鳴に似た歓声が。「息ができないです」と感想を述べたファンに、パク・ソジュンは「思った以上にしっかりと抱きとめてくださって。演技の道に進む気はないですか?」と、気の利いたコメントを。恥ずかしがりながらも熱演してくれた3人のファンには、ツーショットチェキのプレゼントが贈られた。

続いては「ソジュンが直接ファンミをPR」と題した、30秒間のフォトタイムへ。SNS風撮影フレームをパク・ソジュンが自ら持ち、ステージをあちこちに移動しながらファンサービスを行った。

ライター:安部裕子

【REPORT】パク・ソジュン、ホワイトデーにマカロンのように甘いファンミーティング…キャンディ手渡しのサプライズにファンが感動 ― Vol.2

【イベント概要】
「Park Seo Jun 2017 Fan Meeting in Japan 〜♡White Day♡ with JUNNER〜」
日時:2017年3月14日(火) 開場 18:00 / 開演 19:00
会場:Zepp Tokyo
主催・企画: 株式会社デジタルアドベンチャー
パク・ソジュン 日本公式ファンクラブ:http://seojun.jp/

【放送情報】
「花郎(ファラン)」放送決定!パク・ソジュン特集

<DATV>
●パク・ソジュン「Park Seo Jun 2017 Fan Meeting in Japan 〜with JUNNER〜」
5月20日(土) よる7:00〜

●パク・ソジュン主演ドラマ「花郎(ファラン)」
3月25日(土) スタート
毎週土曜よる11:15〜※2話連続放送

●パク・ソジュン主演ドラマ「花郎(ファラン)スペシャルナビ」
3月18日(土) よる11:15〜ほか

●「1泊2日<パク・ソジュン&ミンホ(SHINee)&ヒョンシク出演回>」
前編4月20日(木) 午後6:30〜
後編4月27日(木) 午後6:30〜

詳細はDATV公式ホームページまで:https://knda.tv/datv/

<KNTV>
●パク・ソジュン出演ドラマ「金よ出てこい☆コンコン」
4月21日(金) スタート 毎週月〜金 あさ7:00〜

詳細はKNTV公式ホームページまで:https://knda.tv/kntv/