写真提供:マイナビニュース

写真拡大

台湾MSIは、チップセットにIntel Z270を搭載したATX対応のゲーミングマザーボード「Z270 MPOWER GAMING TITANIUM」を発表した。3月18日に発売し、店頭予想価格は税別38,980円。

LANコントローラにゲーム向けとしてはおなじみの「Killer E2500」を採用。低レイテンシかつ高スループットが特徴で、ユーティリティの「MSI GAMING LAN MANAGER」から特定のアプリケーションに対して、優先的に帯域を割り振ることが可能。さらにLANポートは落雷などから回路を保護するLAN PROTECTを搭載する。

また、基板背面にバックプレートを取り付け、高い堅牢性を備える。PCI Express x16スロットは金属で補強し、強度とノイズ対策を施したSteel Armorを採用する。

このほか、インタフェースとしてPCIe 3.0 x4接続対応のM.2スロットや、最新のASMediaコントローラで、複数デバイスとの接続でも最大限のパフォーマンスを発揮できるUSB 3.1ポートを搭載する。