「ライアン・ガンダー ― この翼は飛ぶためのものではない」初の大規模個展を大阪・国立国際美術館で

写真拡大

「ライアン・ガンダー ― この翼は飛ぶためのものではない」展を、大阪・国立国際美術館にて開催。会期は、2017年4月29日(土)から7月2日(日)まで。

イギリス出身のアーティスト、ライアン・ガンダー。彼は、写真や絵画、オブジェなど、様々なメディアを使用しながら、彼の”思考”を表現している。あくまで日常的な素材に注目しながらも、そこに非現実的な世界観や、批判的なユーモアを織り交ぜることで、観るものを彼の物語の世界の中に導くのだ。作品を眺めれば眺めるほど、様々な考えが浮かび上がり、それらが物語となって展開されてゆく。

本展では、ライアンの代表作と、最新作約60点の紹介。彼の重要な作品を1度に網羅的に観ることのできるこの機会に、新たな時代のアートシーンを担う注目の作家の思考や関心を辿ることができるだろう。

また本館では、ガンダーの企画による所蔵作品展「ライアン・ガンダーに よる所蔵作品展 - かつてない素晴らしい物語」も同時開催される。作家の手による作品と、作家が集めた作品。この異なる角度から企画された展示を組み合わせることで、より深く作品を楽しむことができる。

【詳細】
「ライアン・ガンダー ― この翼は飛ぶためのものではない」展
会期:2017年4月29日(土)〜7月2日(日)
会場:国立国際美術館 地下3階展示室
住所:大阪市北区中之島4-2-55
休館日:月曜日 (ただし、5月1日(月)は開館)
開館時間:10:00〜17:00 ※金曜日・土曜日は 20:00まで(入場は閉館の30分前まで)
入場料:一般 900円(600円) / 大学生 500円(250円)
※( )の内は20名以上の団体料金
※高校生以下・18 歳未満無料
※心身に障害のある方とその付添者1名無料(証明できるものを要提示)
■同時開催
「ライアン・ガンダーによる所蔵作品展 ― かつてない素晴らしい物語」
会期:2017年4月29日(土)〜7月2日(日)
■ライアン・ガンダーによるトーク・パフォーマンス
※詳細は後日公式ホームページに掲載。
開催日:4月30日(日)14:00
会場:国立国際美術館 
■ギャラリー・トーク
・開催日:5月20日(土) 14:00/ 6月17日(土)14:00
会場:国立国際美術館 地下3階展示室
参加料:無料(要観覧券)
※当日、13:30から聴講用ワイヤレス受信機を貸し出し(先着90名)。
・開催日:6月24日(土)19:00/ 7月1日(土)19:00
会場:国立国際美術館 地下3階展示室
参加料:無料(要観覧券)
※ワイヤレス受信機の貸し出し無し。


[写真付きで読む]「ライアン・ガンダー ― この翼は飛ぶためのものではない」初の大規模個展を大阪・国立国際美術館で

外部サイト

  • 横浜大世界にて『ベルサイユのばら』のトリックアート - アンドレの壁ドン、巨大オスカルの手の上で撮影
  • 「クラフト サケ ウィーク」六本木&博多で - 桜に囲まれて日本酒と一流レストランの料理を堪能
  • 「フランク リーダー “マルシェ”」原宿にて開催、100円雑貨からアートピースまで希少なアイテム集結