写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の安藤政信が、フジテレビの単発ドラマ『ストリートワイズ イン ワンダーランド -事件の方が放っておかない探偵-』(27日24:35〜25:35 ※関東ローカル)で、同局ドラマに初主演することが17日、明らかになった。

このドラマは、いつも世紀の大事件に巻き込まれてしまう私立探偵・和田(安藤)が、押し寄せてくる危険な事件に対峙していく姿を描くもの。「第61回岸田國士戯曲賞」を受賞した、演劇集団・ヨーロッパ企画代表の上田誠が脚本を描きおろしたオリジナルストーリーで、上田は「安藤さん、めちゃくちゃ面白かったです」と絶賛している。

ハードボイルドのようでコメディ要素も盛り込まれる今作に、安藤は「こんなドラマは見たことがない。一直線の気持ちいいほどのデタラメ感。画面の中の人たちは大真面目に演じているのに、撮ったものを客観的に見るとクスッと笑えるという不思議な空気」と感想。

今回、探偵役は初挑戦だったが、6日間の撮影は「あっという間」だったそうで、「またやりたいと思う。デタラメで最高な一本を、ぜひみなさん見てください」と呼びかけた。

共演は、エリート刑事役で戸塚純貴、依頼人夫婦の妻役で伊藤沙莉、夫役で菅原永二。戸塚は「安藤さんは唯一無二の存在感で立っているだけで、一気に現場に説得力が生まれます」とそのカリスマ性を語り、伊藤は「初めて台本を読ませていただいた時、ニヤニヤが止まらなかったです」と、ストーリーの面白さに胸を張った。