写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アイドルグループ・関ジャニ∞が映画『スパイダーマン:ホームカミング』(8月11日公開)の"ジャパンアンバサダー"に就任し17日、都内で行われた就任式に出席。スパイダーマンをイメージした特製スーツを着て意気込みを語り、日本語吹き替え版の主題歌を担当することも発表した。

スパイダーマンの新シリーズとなる本作は、15歳の高校生がスパイダーマンとなり、アイアンマンに導かれて真のヒーローになるまでの成長と奮闘が描く物語。20歳の英国俳優トム・ホランドが主人公ピーター・パーカー/スパイダーマン役を演じる。

このたび、関ジャニ∞が本作を盛り上げるジャパンアンバサダーに就任し、就任式では7人がスパイダーマンをイメージしてデザインされた特製スーツを着て登場。村上信五は「率直に非常にうれしいと共に、びっくりしています」と心境を語り、安田章大も「ハロウィンのときにスパイダーマンになったことがあったのですごくうれしい。日本代表として新しいスパイダーマンを応援していけたら」と笑顔を見せた。

錦戸亮は、特製スーツの感想を聞かれて「あっち(劇中のスパイダーマンスーツ)を着れるのかなと思ったんですけど」と少し残念がるも、「赤と青を基調にしたスパイダーマンカラーでかわいい」と話し、「機会があればあっちも着たい」と希望。渋谷すばるも「めちゃくちゃうれしい。これしかないっていうくらいサイズがぴったりで、縁を感じています」とサイズ感に感動していた。

また、大倉忠義は「身近な人を守るために戦っているイメージが強いので、親近感がわくし、感情移入できる」とスパイダーマンの魅力を熱弁。丸山隆平も「スパイダーマンと一緒にビルを飛び移っているようなスピード感、臨場感が好きです」と語り、糸を出すポーズを披露して会場を沸かせた。さらに、横山裕は本作について「予告を観させてもらいましたが、15歳ということで若さがあふれている。スケール感も大きい。早く続きが観たい」と話した。

イベントの最後には、村上が「『スパイダーマン:ホームカミング』の日本語吹き替え版の主題歌を関ジャニ∞で担当させていただくことになりました」と発表。「疾走感やスケール感に負けないような楽曲で少しでも力になれれば。曲も楽しみにしていただきたい」と意気込みを語った。