JYJ ジェジュン、タイのファンを感動させた心遣い…プミポン国王の死去に哀悼の意

写真拡大 (全2枚)

JYJのジェジュンが黒いリボンでタイのファンの心を慰めた。

16日、ジェジュンがツアーのためにタイのスワンナプーム空港に到着した。空港はジェジュンを迎えるファンでごった返し、彼がつけたブレスレットと胸の黒いリボンはファンの目頭を熱くした。

ジェジュンがこの日韓国からつけていたブレスレットとリボンは、昨年死去したタイの国王プミポン・アドゥンヤデート国王(ラマ9世) を哀悼する意味を持つ象徴的なもので、単純に海外公演を開くだけではなく、その国のファンの心を汲んで慰めようとするジェジュンの配慮がファンを感動させたのだ。

特に今回のジェジュンの思慮深い行動に関して、ジェジュンが2011年に国王のお見舞いの際、回復を祈る意味のピンク色のネクタイをして、直接お見舞いの言葉も準備したことがもう一度注目を集め、ジェジュンに対するタイのメディアとファンの好感度が高まっている。

これに対して、タイのファンたちは「ジェジュンさん、ありがとうございます。タイの人々の心を尊重し、愛してくれてありがとうございます」「ジェジュンはここ数年間、継続して国王に尊敬の心を表した。これで彼がどれだけタイについて勉強し、心からプミポン・アドゥンヤデート国王を尊敬しているかが分かった」とし、感謝の気持ちを表した。

ジェジュンは18日、タイ・フアマーク室内体育館でタイのファンに会う予定だ。