iKON チャヌ、MV撮影中に負傷の報道…事務所がコメント

写真拡大

YGの人気グループiKONのチャヌが17日、新曲MVの撮影中に足首を負傷した。

関係者によると、チャヌはこの日3日目のMV撮影の振り付けシーンを撮影中、足を踏み外して足首を負傷し、すぐに病院に運ばれた。検査の結果幸いなことに骨に異常はなく、靭帯が少し伸びたことが分かり、メンバー全員安堵したという。

これについてYGは「チャヌがMV撮影中に足首を負傷し靭帯が伸びたことは事実だ。本人は最終段階に差し掛かったMVの撮影をすべて終えたいと主張したが、何よりも健康が優先だという判断で、作業を中断した」とし「幸いなことにこの週末の横浜アリーナ公演は、激しいダンスだけ自制すれば特に問題はないとの医療スタッフの診断だ」と話した。

撮影は延期され、YGはすでにセッティングされていた撮影現場と機材、人員に関わる数千万ウォンの費用を負担する方針を固めた。ミュージックビデオ撮影を早期に終了させようとしてメンバーの体に無理が生じるよりも、金銭損害の方が良いと判断した。

iKONは2月10日からアリーナツアー「iKON JAPAN TOUR」を開催中だ。ドーム公演の開催は、iKONのデビュー後1年9ヶ月ぶりの開催で、これは日本国内、海外アーティストとしては、史上最短期間でのドームツアー開催記録である。日本での彼らに対する高い関心度を証明している。

カムバック準備の真っ最中であるiKONは、WINNERに続いてアルバム発表する準備をほとんど終えて、出撃を待機している状態だという。