川崎FのMF家長昭博が全治1カ月、DF舞行龍ジェームズは手術を受け復帰まで5カ月

写真拡大

▽川崎フロンターレは17日、MF家長昭博、DF舞行龍ジェームズの負傷を発表した。

▽大宮アルディージャから今シーズン加入した家長はかねてから右足を痛めており、16日に川崎市内の病院で検査を受けた結果、右足第一末節骨 骨挫傷及び不顕性骨折と診断。全治は約1カ月になるとのことだ。

▽また、舞行龍ジェームズは右ヒザを痛めており、16日に川崎市内の病院で検査を受け右ヒザ外側半月板損傷と診断。手術を受け、復帰まで5カ月程度を要する見込とのことだ。

▽家長は明治安田生命J1リーグの開幕戦である大宮戦に出場、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも1試合に出場していた。舞行龍ジェームズはJ1での出場はないものの、ACLで2試合に出場していた。