a flood of circle佐々木亮介インタヴュー(後編)|21世紀の音楽に必要なのは、境界を飛び越えていく力

写真拡大

10周年の総決算として年始にニューアルバム『NEW TRIBE』をリリースしたa flood of circleのフロントマン、佐々木亮介のインタヴュー後編。

前編でゲ山擇領イ箸いΕーワードから現代の音楽の在り方について語ってくれたその続きは、さらにその先の未来を見据える。理想に反して壁や境界がどんどん作られていく中で、音楽が担っていくべきものとは。

前編はこちら

―それでも、現実を見るとトランプの当選によって多くのアメリカ人は壁を作ることを指示し、移民を受け入れることでノーボーダーの世界を拒否したわけですよね。これはジョン・レノンが『イマジン』で歌った世界とは真逆なわけで。イギリスではブレグジットが起き、日本だってAI(人工知能)が発達して人間の仕事が奪われることになれば、排外主義がのさばると思う。ロックは理想を歌っていて欲しいけど、そうした時代の頭が見えてきている中で、ポスト・インターネット世代は何を歌うべきなのか? と思うんです。

清志郎さんとかもそうでしたけど、ロックって預言っぽいところがあるじゃないですか(笑)。きっとジョンも預言のつもりでス餠なくなれイ判颪い討い燭隼廚Δ鵑任后とは言え、難しいですよね。そこで音楽ができることで具体的なことは、何もないです。ただそれを歌うことで、気づいてもらうしかない。そういう理想論を言っているとイ△い弔花畑だイ箸言われるけど(笑)。

―じゃあ、音楽の力ではこの先何も変わらない?

アメリカもイギリスもいろんな国、いろんな血の人が混ざっているわけでしょ。例えば、イギリスはイギリス人以外にもトルコ人とかインド人とか白人じゃない人が山ほど住んでいて、みんなイギリスの国籍を持っていたりする。だとすると、その人が何人(なにじん)かを決める判断って、すごくあやふやじゃないですか。何の答えもない発言になりますけど、俺は誰が何人だとか、なくていいと思います。そういうのを持てば持つほど殺し合いになるから。極端な話、アイデンティティだってなくてもいいと思うほどで、もっといろんな価値観が混ざる方向に行けばいいのにと思いますね。さっきも言ったようにロックとはいろんなジャンルを混ぜた音楽で、全然違う価値観の人たちが一緒にいる方法を探すことの象徴がロックなんだと思う。やっぱりお花畑かもしれないけど、音楽というのは世界における理想の形の預言みたいなものなんですよ。だって全く混ざらないと思っていたものが混ざる瞬間を音楽は見せられるし、作れるんだから。それが世界を変えるかどうかはわからないけど、やらないと変わらない。そこに俺は音楽の可能性を感じています。

―漫画家のいがらしみきおさんの作品『誰でもないところからの眺め』のあとがきで、哲学や脳科学の世界ではセ糶イ覆鵑討發里呂覆い箸いΔ里趨勢だと書いてありました。今の佐々木さんの話を聞いていて、ロックというのはセ糶イ箸いΧ界のない、ボーダレスな部分でこそ響くものなのかなぁって。

ジョンの『イマジン』って、歌詞は英語だけど世界中の誰が聴いてもいいと思えるんですよね。そういう曲が今の時代にもあって欲しいと思う。このまま境界を増やしていく世界がいいとは思えないんですよ。それこそ、いがらしみきおさんの『ぼのぼの』の台詞でジい版は飼うけど牛と豚は食うイ澆燭い覆里あって、線を引くって一体何なんだ? と。少なくとも人間はみんな等しく人間だというところは絶対で、何人(なにじん)だったら阻害していいとか殺していいということは絶対にないはず。

―ところで、佐々木さんのその徹底した主義というのは、どこから?

子供の頃から家庭の事情で世界中のいろんなところを転々としていて、自分がどこにも所属していない感じがずっとあったんです。日本に戻ってきてからも一つの地域に長くいたことがなくて、人との関係が薄いまま大人になっていった。でも、どこに行ってもビートルズは通じるんですよね。それからベルギー時代に遊んでいたコロンビアの移民の子はフランス語でドラゴンボールごっこをやっていた。絵でも何でも表現や文化って、国や人種を越えてつながることの出来るもので、今回イギリスからザブが日本に来てくれたこともそうだけど、枠とか線がどんどん増えていく世の中で、飛び越える人はいつも飛び越えている。俺はガキの頃から音楽だけじゃなくて絵でも文章でも映像でも、何かを作ることでそういう飛び越える感覚になればいいなと思っていたことに、改めて気づいたんです。

―芸術や文化が国境を越えるのはその通りだと思うんですが、そこで引っかかるのがインターネットの存在なんです。鴻上尚史さんが自身の戯曲の中で、ゥぅ鵐拭璽優奪箸できて、人と人はわかり合えないことがわかったイ澆燭い覆海箸鮟颪い討い董ともすると、ネットがあることで飛び越えようとすることの勢いが削がれるばかりか、新しい分断を生みだしている気さえしています。

確かにつながるためのインターネットがだんだん分断を生み出すものになってきているということはあるかもしれない。だからってネットが悪なのではなく、分断のツールになりつつあるその価値観を逆転できるものが出てこないことが問題なんです。ほんのちょっとしたことで価値観がひっくり返るなんて、幾らでもあるじゃないですか。かつてはロックもそうで、バンドが楽器を弾くのは当然のことだったけど、ビートルズは4人が曲を書いて、見たこともないアメリカの音楽をイギリスのものにした。もちろん今にしてみればビートルズの4人は特別な才能の持ち主だけど、その瞬間は何者でもなかった奴らが集まってイ海賁滅鬚ない?イ辰萄遒辰燭世韻如△修譴世界を変えたわけです。だから俺、バンドにはロマンを感じるんですよね。全然感性の違う奴らが集まった時に、4人の中の誰のものでもない、だけど4人のものでしかない何かが生まれること自体にロマンを感じる。また理想っぽくなってきちゃったけど(笑)、でもバンドは俺にとってそういうことの象徴なんです。

null

―それにしてもアルバム『NEW TRIBE』、全曲本当に粒ぞろいですね。

急に話が飛んだ(笑)!

―(笑)。その『NEW TRIBE』はほとんど全ての曲が誰かに向けて書いていると言っていましたが(※前篇参照)、去年10月に他界したBOOM BOOM SATELLITESの川島道行さんに捧げた曲が入っているみたいなことを聞いて・・・。

捧げたというか、川島さんの2人の娘さんのお陰で書けた曲があって。それが『Rock釻N釻Roll New School』です。まだ本人たちには言ってないですけどね(笑)。

―川島さんとは古くからの付き合い?

正月に川島さんの家に集まる会があって。そこにはイマイ(アキノブ)さんや音楽事務所の方とかがいて、俺、別にBBSとは対バンとかをしていたわけじゃないんだけど、毎年なぜかそこに呼ばれていたんです。最初に行ったのは3年ぐらい前で、病気がまた悪くなって・・・という時だったんですが、いろいろと話を聞かせてくれて。音楽的には全然直系じゃないんですけど、川島さんは器がでかいので俺らの曲を聴いてくれて、その上で、例えばどれだけMP3の音が悪いと言われていても絶対音にこだわることをやめない、みたいな話とかをしてくれて。

―川島さんらしいなぁ。

新宿のゴールデン街で一緒に飲んだこともあるし。音はもちろん大好きで聴いていますけど、川島さんのイズムみたいなものを端々で聞かせてもらって、そういうところも大ファンでした。『Rock釻N釻Roll New School』は亡くなる前に作った曲で、川島さんに贈るとかそういう内容ではなく、単純に2人の娘さんが希望の存在に見えたんです。俺は子供もいないし結婚もしていないけど、あの2人を見ていろいろと思うことがあって。もちろん、川島さんから聞いた話も混ざっています。それにしても川島さんって信じられないくらいすごくタフに立ち向かった人でしたよね。

―川島さんもタフだけど、中野さんもすごいタフでしょ? BBSの2人って信じられない存在ですもん。

そもそもベルギーデビューが最初ってなんだよって感じだし(笑)。本当に、みんなに尊敬されている人でしたね。

―BBSの音楽は基本デジタルだけど人間の、そしてロックの熱量を伝えてくれる音楽でした。

だってロックバンドだから。BBSこそ、いろんなものをものすごく高いクオリティでミックスしていますよね。そこが新しかったし、だから国境を越えて世界を熱狂させたんだと思う。

―僕の中で、BBSはネット時代のロックの1つの希望だったんですよ。でも、今後a flood of circleがその精神性も受け継いでさらに新しいミクスチュアを目指していくのであればそれは新しい希望になります。

さっきのアイデンティティの話とつながってくるんだけど、自分たちの好きなものがないと始まらないけど、そこで収まるとマジで小さい世界になっちゃうし、好き・嫌いではなく、何かを取り入れ合おうとすることが大事だと思うんです。だから、自分が空っぽでもいいんですよ。その空っぽの中にパンパンに好きなもの詰め込んで、人から見たら割り算ができないぐらい好きなものが入っている方が面白いと思うんですよね。

―そういう割り切れない新しい音楽だから『NEW TRIBE』なのかもしれないですね。

素晴らしいオチをありがとうございます(笑)。『NEW TRIBE』はここまでのマックスの発明をしたつもりだけど、もっといけると思ってますから。今日は精神論的な話を沢山しましたけど、本当は音楽の技術の話をするのも好きなんです。何故かというと具体的に何かを変えていかないと、いくら偉そうなことを言っていても、歌詞や曲がなんの変哲もなければ当然説得力もないし、何も変わらないと思っているので。今年はそういう具体的な部分を見つめようと思っているんです。声とかも含めて。

―技術革新ってことですか?

そんな感じです。だから今更だけどボイトレにも行っているし。そのうえで、誰もやってこなかった新しい奇跡を起こしたいです。

Now On Sale
7th Album『NEW TRIBE』
■初回限定盤[CD+DVD] ¥3,500 (tax out) / TECI-1534
■通常盤[CD only] ¥3,000(tax out) / TECI-1535

LIVE
2017.3.18 sat 福岡CB Imperial Records presentsYOKA ROCK FESTIVAL釻17
2017.3.19 sun 熊本Django HAPPY JACK 2017
2017.3.19 sun / 20 mon 高松各所 SANUKI ROCK COLOSSEUM
2017.4.22 sat / 23 sun 群馬音楽センター I ROCKS 2017 stand by LACCO TOWER

a flood of circleワンマンツアーNEW TRIBE-新・民族大移動-
2017.3.17 fri 神戸太陽と虎
2017.3.23 thu 大分Club SPOT
2017.3.24 fri 長崎Studio Do!
2017.3.26 sun 京都MUSE
2017.4.6 thu 盛岡the five morioka
2017.4.7 fri 仙台CLUB JUNK BOX
2017.4.9 sun 郡山HIPSHOT JAPAN
2017.4.11 tue 八戸ROXX
2017.4.13 thu 旭川CASINO DRIVE
2017.4.14 fri 札幌BESSIE HALL
2017.4.16 sun 函館club COCOA
2017.4.21 fri 金沢vanvanV4
2017.4.22 sat 長野J
2017.5.14 sun 四日市CLUB CHAOS
2017.5.19 fri 高松DIME
2017.5.20 sat 松山SALONKITTY
2017.5.26 fri 広島SECOND CRUTCH
2017.5.28 sun 岡山PEPPERLAND
2017.6.2 fri 大阪umeda AKASO
2017.6.4 sun 福岡CB
2017.6.9 fri 名古屋BOTTOM LINE
2017.6.11 sun Zepp DiverCity TOKYO
2017.6.17 sat 沖縄OutPut
2017.6.18 sun 沖縄OutPut

RYOSUKE SASAKI
佐々木亮介 1986年生まれ。a flood of circleのヴォーカル&ギター。2006年に同バンドを結成し、09年にメジャーデビュー。現在のメンバーは佐々木に加え渡邊一丘(ドラム)、HISAYO(ベース)。2017年1月18日に最新アルバム『NEW TRIBE』を発売した。http://www.afloodofcircle.com/