写真提供:マイナビニュース

写真拡大

BoschとNVIDIAは、量産車向け人工知能(AI)自動運転システムの開発に向けて、NVIDIAと協業することを発表した。

今回の協業により、両社は、NVIDIAのディープラーニングソフトウェアおよびハードウェアをベースにして、複雑な運転に関するトレーニング、自律走行、および無線ネットワークでの機能更新を可能にするAI自動運転車コンピュータを開発すると説明しており、具体的には、NVIDIAの次世代SoC「Xavier」をベースとした自律走行車開発プラットフォーム「DRIVE PX」を用いて、自律走行車の量産に向けた車載グレードのシステムの開発を進めていくことになるという。

なお、この次世代DRIVE PXは、Xavierの高い処理能力により、自動運転車で求められるさまざまなタスクの遂行に必要な大量の計算を処理することが可能となり、こうしたタスクには、自車の運転状態や安全な進路の計算だけでなく、周辺環境を検知するためのディープニューラルネットの実行、3D環境の認識、HDマップ上での自己位置特定、ほかの物体の挙動および位置の予測なども含まれると両社では説明している。

(小林行雄)