もはやなにが安全なのか、わかりません。

世界各地で発火問題をおこし、生産中止をへて最終的に原因が判明したスマートフォン「Galaxy Note 7」。もうこんな騒動は起きないだろうと思っていた矢先、なんと飛行機内にて女性のヘッドホンが爆発するという事件が起きました。

Australian Transport Safety Bureauによると、被害者の女性は北京からメルボルン行きの航空機に搭乗。そして眠っている間、なんとバッテリーを搭載したヘッドホンが突如爆発。彼女の頬を焦がし、髪を焼いたのです。その爆発音に驚いて起きた彼女は、当時の体験を次のようにオーストラリアの安全当局に語っています。

振り返ると、自分の顔が焼けているのを感じました。そしてすぐに顔を掴み、首に巻き付けたヘッドホンをフロアに投げ捨てたの。そのときヘッドホンは火花を飛ばし、小さな火もふいていたんです。

なんとも恐ろしい体験です。そしてヘッドホンがキャビンの床を溶かしだした頃、フライトアテンダントが到着。

私が脚でその火を消すと、彼らはバケツに入れた水をかけました。そして燃えたヘッドホンをバケツの中に入れ、飛行機の後部へと持っていったんです。


ヘッドフォン 飛行機 爆発


機内にはプラスチックと髪が燃えた匂いが充填し、他の乗客はとても苦しそうにしていたと伝えています。

今回の事件では、どのメーカーのヘッドホンが発火したのかについては公開されていません。ただしリチウムイオンバッテリーを搭載した機器は少ないにしろ常にこのようなリスクがあり、過充電やバッテリーパックの損傷、あるいはUSBケーブルなどによっても発火が起きる可能性があります。

このような痛ましい事件を防ぐには、例えばバッテリーを搭載した機器に「UL認証マーク」があるかどうかを確認する、などの手段があります。なのでオークションやオンラインショップで購入した出処のはっきりしない安価な無線ヘッドホンは、安全が保証されないといえそうですね。とはいえ、世界的な電子機器メーカーのSamsung(サムスン)のスマートフォンも発火してるし…。本当に、なにを信じたらいいんでしょうね。

・アメリカ人男性、口の中で電子たばこが爆発…その生々しい様子が伝えられる(閲覧注意・追記あり)
・サムスンの発表でGalaxy Note7発火の原因が明らかに。危険すぎるバッテリーの詳細とは?

image: Australian Transport Safety Bureau
source: Australian Transport Safety Bureau

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文]
(塚本直樹)