「冬のソナタ」ユン・ソクホ監督、日本映画初作品「心に吹く風」6月公開決定&予告編解禁

写真拡大

「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督作品、映画「心に吹く風」の日本公開が6月に決定した。ユン・ソクホ監督が、北海道の雄大で美しい自然を背景に、初恋を忘れられない男女の愛の道行を描いた大人の純愛ラブストーリーが誕生。本日ポスタービジュアル&予告編が公開された。

舞台は北海道。ビデオアーティストのリョウスケ(眞島秀和) は、仕事で訪れた富良野で高校時代の相手・春香(真田麻垂美) に偶然出会う。20年ぶりの再会、春香には夫も娘もいたが、春香を思い続けていたリョウスケはビデオ撮影に春香を誘う。戸惑いつつも、リョウスケに同行する春香。互いを思いながらも別々の人生を歩まなければならなかった二人は、失った時間を取り戻すかのように心を通わせていく。そして、2日間を共に過ごした末に、春香は越えてはいけない一線を越える決意をするのだが…。

監督は、韓国ドラマ「冬のソナタ」で日本中に韓流ブームを巻き起こし、韓国ドラマ界の巨匠として不動の地位を築いたユン・ソクホ。本作は、ユン・ソクホ監督の初劇場映画であり、初の日本作品となる。出演は、映画・テレビ・演劇で幅広く活躍する人気俳優・眞島秀和と、16年ぶりの映画復帰作となる伝説の女優・真田麻垂美(「眠る男」「月とキャベツ」)。

失った時間を、伝えられなかった想いを伝え、果たして二人は心を通わせることができるか? みずみずしい映像とバッググラウンドに流れるイ・ジス(「オールド・ボーイ」) の曲がリンクし、北海道の雄大な自然を背景に、「心に吹く風」の世界観を作り上げている。

解禁されたポスターは“北海道・春 美瑛〜富良野 たった2日間だけの、大人のファンタジー 忘れられない初恋がよみがえる…”というメッセージのように、しっとりとした大人の純愛ラブストーリーの雰囲気が感じられるビジュアルに仕上がっている。リョウスケと春香の立ち姿が韓国ドラマ「冬のソナタ」のチュンサン(ペ・ヨンジュン) とユジン(チェ・ジウ) をどことなく彷彿させるのは、ユン・ソクホ監督の想いが反映されているから…? 「心に吹く風」に期待が高まる。



■作品情報
「心に吹く風」
2017年6月 新宿武蔵野館 ほか全国順次ロードショー
監督・脚本:ユン・ソクホ
音楽:イ・ジス
出演:眞島秀和 真田麻垂美 長谷川朝晴 菅原大吉 駒井蓮 鈴木仁
製作:松竹ブロードキャスティング
制作プロダクション:ドラゴンフライエンターテインメント 配給:松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ
宣伝:アティカス
日本/2017/ビスタ/107分/5.1ch
(C)松竹ブロードキャスティング