故障者/清水=竹内、河井、カヌ 鹿島=なし
出場停止/清水=なし 鹿島=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ 第4節
清水エスパルス-鹿島アントラーズ
3月18日(土)/14:00/IAIスタジアム日本平

清水エスパルス
今季成績(3節終了時点) 6位 勝点6 2勝0分1敗 3得点・1失点

【最新チーム事情】
●ルヴァンカップ・1節の柏戦で立田、飯田がプロデビュー。
●FWチアゴ・アウベスが、練習生として合流。
●前節・新潟戦で左足首を負傷した角田は強行出場か。
 
【担当記者の視点】
 3試合を終えて2勝1敗と、まずまずのスタートを切った。ここ2試合とも無失点という事実が物語るように、現チームの最大の武器は堅守。前節の新潟戦後に鄭が「全員が守備をすれば守れることを再確認できた」と語るなど、組織力への自信を深めている。

 今節の相手は昨季王者の鹿島。前線に金崎やP・ジュニオール、鈴木など、個の能力に優れたタレントを揃えるだけに、守備力がどの程度通用するのか、力量を測るには格好の舞台と言えそうだ。

「2連勝を奪えた相手(広島、新潟)に勢いがあったわけではない。それに、リーグを代表するクラブを相手にどこまで戦えるかの答を出さないといけない」(鄭)との言葉どおり、清水にとっては真価が問われる一戦と言えそうだ。
 
J1リーグ 第4節
清水エスパルス-鹿島アントラーズ
3月18日(土)/14:00/IAIスタジアム日本平

鹿島アントラーズ
今季成績(3節終了時):7位 勝点6 2勝0分1敗 2得点・1失点

【最新チーム事情】
●金崎が試合2日前の練習を欠席。出場は流動的か。
●公式戦2試合連続アシスト中の伊東が「清水の1トップが点を取る形だけど、簡単にはクロスを上げさせない守備をしたい」と、守備へも意気込む。
●代表ウィーク前の一戦を前に、山本は「全員で勝利を掴みに行きたい」とコメント。

【担当記者の視点】
 開幕戦で黒星スタートも、その後は2連勝と復調傾向にある。とりわけ、前節は当時首位の横浜をホームで下し、王者の威厳を示した。

 3節を終えたACLも首位で前半戦をターン。チームは上り調子だけに、昇格組を相手につまずくわけにはいかない。

 注目は左サイドの土居。ここまで目に見える結果を残せていないが、攻守に献身的なプレーで勝利に貢献している。同期の昌子の代表選出にも刺激を受けているはずの男のゴールで、チームの勢いはさらに増すはずだ。