故障者/C大阪=澤上、山内、水沼、阪本、キム・ジンヒョン 鳥栖=小林
出場停止/C大阪=なし 鳥栖=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ 第4節
セレッソ大阪-サガン鳥栖
3月18日(土)/15:00/キンチョウスタジアム
 
セレッソ大阪
今季成績(3節終了時):13位 勝点2 0勝2分1敗 2得点・4失点
 
【最新チーム事情】
●水曜日のルヴァンカップ・横浜戦は2-0で制し、ユン・ジョンファン体制初勝利を挙げた。
●2011年から約3年半、鳥栖の指揮を執っていたユン・ジョンファン監督は古巣との対戦に。
●スタメンは前節の札幌戦(1-1)と変わらない見込み。
 
【担当記者の視点】
 2分1敗と、リーグ戦ではいまだ勝星がないが、水曜日のルヴァンカップでは若いメンバーが奮闘し、公式戦初勝利を挙げた。その勢いを今節につなげたい。
 
 ユン・ジョンファン監督は古巣との対戦に「より勝ちたい気持ちが強い」と意気込む。スタメンは前節の札幌戦と変わらず、中盤2列目は左に柿谷、トップ下に山村、右に清武が入りそうだ。札幌戦で今季初出場し、コンディションを上げている清武には攻撃に変化を加える役割を担ってもらいたい。
 
サガン鳥栖
今季成績(3節終了時):11位 勝点4 1勝1分1敗 3得点・4失点
 
【最新チーム事情】
●コロンビア代表FWのビクトル・イバルボを獲得。今節いきなり先発デビューの可能性も。
●ロシア・ワールドカップのアジア最終予選に臨む韓国代表にキム・ミンヒョクが選ばれる。
●水曜日のルヴァンカップ・新潟戦は2-2のドロー。小川や水野らサブ組が健闘した。
 
【担当記者の視点】
 3月15日にイバルボのレンタル移籍での加入が決定した。フィッカデンティ監督は今節の遠征メンバー入りを明言。連係面に不安はあるが、コンディションに問題はないようで、先発の可能性もある。指揮官自らが望んで獲得した新戦力であり、力強いプレーが身上の巨漢FWの起用法には注目が集まる。
 
 FW陣はここまで無得点と物足りない。この強力助っ人が攻撃を活性化させられるか、期待したい。