撮影:tama

写真拡大

羽海野チカさん原作の国民的人気コミック「3月のライオン」を、『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督が神木隆之介さんを主演に迎え実写化した、映画『3月のライオン』。【前編】が3月18日(土)より、【後編】が4月22日(土)より全国公開となります。

【撮り下ろし!】神木隆之介さんフォトギャラリー&作品場面カット集はこちら

本作で、主人公のプロ棋士・桐山零を演じるのは、神木隆之介さん。数々のコミック原作の実写作品に出演し、原作ファンと映画ファンを熱狂させてきた神木さん。本作でも、孤独な過去、そして将棋との未来に揺れる非常に難しいキャラクターを見事に演じきっています。

「100%原作に寄せるのではなく、僕なりの桐山零を作った」と話す神木さんに、作品について色々とお話を伺ってきました。

将棋の対局は、本当に強くなりたかった

――映画、大変楽しく拝見しました! まずは完成した作品をご覧になった率直な感想をお聞かせください。

神木:ドキュメンタリーのようだな、と思いました。「映画と同時にこのキャラクターの人生が始まった」のではなくて、「元々生きていたキャラクターを映画で切り取っているようだ」と。自分の作品を観て、そのように感じたのは初めてで、それがすごく良かったです。

あとは前後編で、ほのぼのとしたシーンや戦いのシーンなど、それぞれ味が違うので飽きずに観ることが出来るのもすごく良いなと。


――本当に体感時間がすごく短い作品ですよね。お聞きしたいことはたくさんあるのですが、まず対局のシーンがとてもカッコ良くて迫力があって。将棋のシーンはどのように挑まれましたか?


神木:プロの方とのレッスンがありました。僕はもともと将棋が大好きなので、戦法や囲い方というのを実戦でも使えるように色々なことを教わりました。あの「パチン」「パチン」という将棋の駒音が、すごく心地良く、楽しみながら演じていました。僕も対局のシーンは大好きです。

――キャラクターそれぞれでレッスンの仕方も変えていたとのことですね。


神木:加瀬(亮)さん(宗谷冬司役)は“魅せ方”なんです。音をたてずにスッとどう指すか、という所を練習されていて。

僕はどちらかというと「実践していれば指し方も慣れてくるだろう」という考え方で、本当に強くなりたかったので、先生と対局しながら、戦い方も見せ方もバランス良く上達できるよう取り組みました。それが映画にきちんと出ていると良いなと思います。

外見を似せるだけの実写化にはしたくなかった

――コミックが原作ですが、コミックの「桐山零」を100%体現しようと思ったのか、それとも神木さんなりのアプローチを考えたのでしょうか?


神木:どちらかというと後者です。もちろん動き、仕草、飲み物を飲むタイミングなど役作りとして似せる様にはしていましたが、原作自体がとても人間味のある作品なので、10人観たら10人違うことを感じると思うんです。ある種答えが無いような作品なので、実写化して生身の人間が演じる事で答えが出てしまうのではないかという恐ろしさもありますし。

コミックの実写化というと、どうしても原作を真似てなぞることが一番のように思われがちですが、今回で言うと似せるだけではいけない。監督とも「外見を似せるだけの実写化にはしたくないよね」と話をしました。

“あたたかさ”というのは作られたものでは出ないので、桐山零が現実世界に生きていたら、このような考え方を、表情をするだろうと、原作にはとらわれずに自分の感じたままで表現しました。僕なりの桐山零として。原作のあたたかさを出すには、僕たちも人間として受け止めて返さないといけないと考えていたので。もちろん見た目を似せたりという工夫はしていますが。

――神木さんはもともとスマートな体型ですが、零を演じている時はあかりさんに「ガリガリでメガネの子だ」なんて言われるシーンもあったり、さらに華奢に見えました。何か減量とかされたのですか?


神木:何もしていないです。


――この映画のキャスティングが発表された時には「原作とソックリ!」とネット上で大きな話題になりました。神木さんは周りのキャストの皆さんをご覧になっていかがですか?


神木:僕も、島田さんは佐々木(蔵之介)さんが良いなと思っていたので、やはりか!と思いました(笑)。後藤さんは伊藤(英明)さんなんだ!と思ったり、あかりさんも倉科(カナ)さんの口角が上がっているふんわりした感じがピッタリだなと、発表される度に楽しくて。

でも、そんなすごいキャストの皆さんが分かるほど、この中で演じるんだ……どうしよう、というプレッシャーを感じました。大先輩の素晴らしい俳優の方ばかりで、しかも盤上で向き合わなければならないので、「胸を借りる気持ち」でいったらふきとばされるなと、気が引き締まりました。

香子役は有村さんだったからこそ、この雰囲気が作れた

――その中で意外だったキャスティングの方はいましたか?


神木:香子は意外でした! 有村(架純)さんはやはりほんわかとしたイメージがあって、トゲトゲしている役を観たことがなかったので、こんなにツンツンしているキャラクターをどう演じるのだろうと、楽しみでした。


――作品の中でも零と香子は一緒のシーンが多いですよね。

神木:有村さんとは『SPEC 〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿』や、『11人もいる!』でも兄弟役で共演したことがあったので、香子役は有村さんだったからこその、家族でも、兄弟でも、他人でも、どちらともつかない雰囲気が作れたのではないかなと思います。

――確かに零と香子のあの何とも形容しがたい空気感というのは、すごく独特ですよね。複雑な関係性だと思います。


神木:僕は、行き場の無い孤独を共有している同士、だと思って演じていました。全く同じではないにせよ、ふたりとも大きな孤独を抱えていて、しかも誰にも頼れない。香子が唯一頭を傾けられるのは零だけなのだと思います、そして零もそれを受け入れるという。


――零も孤独を感じながらもそれに囚われすぎているわけでもなく、すごく絶妙なキャラクターですよね。


神木:孤独は抱えているけれど常に思っているわけではなく、ふとした時に思い出すという。そしてその孤独を彼の中で確実に消化もしてきていて、成長も見える。先輩や川本家に面白いことを言える明るさも出てきている、人間味のあるキャラクターです。

――大友監督が神木さんのキャスティングについて「零と“子供の頃からプロだった”というプロフィールが重なる」とおっしゃっていますが、その点についてはどう感じられましたか?

神木:零は中学生でプロになって、自分より年上の大人たちと対等にやり合っている。僕も幼い頃、親に「大人も子供も関係ない世界だから、ひとりの役者として現場に立ちなさい」と言われてきたので、そこは零と共通していて共感できる部分だなと思いました。

でも、この事は監督と打ち合わせしていて初めて気付いたのですが。「(大友監督の真似をしながら)子供の頃からプロって同じだよな?! 神木と!」って(笑)。


――自分だと気付かない、自分の事、だったわけですね。最後に、本作がコミック原作であり、この「Character JAPAN」という媒体がアニメ・コミック好きの読者が多いので、神木さんお気に入りの作品を教えていただきたいのですが。


神木:少女漫画もよく読みます。「ストロボエッジ」が好きです。読みながらキュンとします(笑)。


――今日は大変楽しいお話をどうもありがとうございました!


映画『3月のライオン』
【前編】3月18日(土)より、【後編】4月22日(土)より全国公開