故障者/札幌=稲本、増川 広島=柏、森、A・ロペス、佐々木
出場停止/札幌=なし 広島=丸谷

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ 第4節
コンサドーレ札幌 - サンフレッチェ広島
3月18日(土)/14:00/札幌ドーム
 
北海道コンサドーレ札幌
今季成績(4節終了時):17位 勝点1 0勝1分2敗 1得点・5失点
 
【最新チーム事情】
●ルヴァン杯では磐田に勝利し、今季公式戦初白星。
●都倉は3節、ルヴァン杯開幕戦と、公式戦2戦連発。
●ク・ソンユンがJ1公式戦で初の無失点勝利。
 
【担当記者の視点】
 リーグ戦ではここまで未勝利ながら、前節の引き分けを四方田監督は、「勝点3の価値があるパフォーマンス」と一定の評価を下し、手応えを得た様子だ。また、15日に行なわれたルヴァン杯では磐田に2-0で勝利し、今季公式戦の初白星を飾った。
 
 バックアップメンバーの底上げをはじめ、チーム内にはポジション争いの加熱などを引き起こすほど良い緊張感を伴った良い空気が生まれている。そのままの勢いでこの広島戦に挑めたならば、J1復帰後初白星も決して遠いものではないはずだ。
J1リーグ第4節
コンサドーレ札幌 - サンフレッチェ広島
3月18日(土)/14:00/札幌ドーム
 
サンフレッチェ広島
今季成績(3節終了時):14位 勝点1 0勝1分2敗 1得点・3失点
 
【最新チーム事情】
●ルヴァンカップの甲府戦も無得点で、公式戦3試合連続ノーゴール。
●新エースの工藤は「札幌ドームではかつてゴールも決めている。自信をもって臨みたい」とコメント。
●得点力向上へ選手間で話し合いを重ねた。
●鳥栖戦で存在感を見せたA・ロペスは切り札的に起用か。
 
【担当記者の視点】
 どうしても、引いた相手を崩せない。決定的なチャンスは鳥栖戦では存在したものの、ルヴァンカップでは「好機の芽」止まり。工藤やフェリペ・シウバといった期待の新戦力攻撃陣も、決して本来の能力を発揮しているとは言えないのが現実だ。
 
 特にフェリペ・シウバは、その力の巨大さを誰もが分かっているだけに、選手たちからは「組織に囚われず、もっと個人の力を発揮していい」と言葉が挙がる。現状打破のために行なわれた選手間のミーティングでも、「真面目なところが裏目に出ているところもあるので、より彼が自由にプレーできるようにして、攻撃の良い循環ができるように」(工藤)と10番を生かす方法を考察。守備の安定感は抜群で、ずっと相手を押し込んだサッカーができていることもあり、苦境の中でもチームはバラバラになってはいない。