故障者/横浜=下平、山中、喜田 新潟=伊藤、前野
出場停止/横浜=なし 新潟=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ 第4節
横浜F・マリノス-アルビレックス新潟
3月18日(土)/14:00/日産スタジアム
 
横浜F・マリノス
今季成績(3節終了時):5位 勝点6 2勝0分1敗 6得点・3失点
 
【最新チーム事情】
●前節の鹿島戦を欠場した齋藤だがフルメニューを消化。先発あるいは途中出場か。
●喜田が負傷で別メニュー調整に。欠場の場合、代役は中町だろう。
 
【担当記者の視点】
 前節・鹿島戦で連勝がストップ。ルヴァンカップのC大阪戦も完敗し、齋藤、喜田と主力に怪我人が相次ぐなど、開幕当初の勢いがそがれた印象だ。
 
 それだけに、今節の新潟戦で悪い流れを食い止めるような快勝を目指したい。マルティノスと前田のアグレッシブな仕掛けはもちろん、この両翼にバブンスキーや天野が連動して絡むことで、スピーディかつ連動した攻撃を繰り出せれば理想的だ。
 
J1リーグ 第4節
横浜F・マリノス-アルビレックス新潟
3月18日(土)/14:00/日産スタジアム
 
アルビレックス新潟
今季成績(3節終了時):15位 勝点1 0勝1分2敗 2得点・5失点
 
【最新チーム事情】
●前節・清水戦はコンパクトさを保てず、セカンドボールを拾われ、スペースを使われて完敗。
●ルヴァンカップの鳥栖戦は、6選手が今季初出場。チーム内競争に活気が生まれている。
●その鳥栖戦では途中出場の田中達也が2ゴール。公式戦4戦4発と好調をアピール。
 
【担当記者の視点】
 清水戦は体調不良の富澤が欠場。その代役としてDFソン・ジュフンがスタメンで今季初出場したが、試合勘のなさもあってか、1失点目に鄭のマークを外したことを反省していた。
 
 中3日で臨んだルヴァンカップの鳥栖戦で、公式戦2試合連続で先発すると、190センチの恵まれた体格とフィジカルを生かして鳥栖のロングボール、クロスをはじき返して存在感を見せた。
 
 鳥栖戦も2失点しており、まだ課題もあるが、韓国代表を狙えるポテンシャルを持つ期待の大型CBがコンスタントに能力を発揮できれば、今季初の無失点を実現するための原動力になり得る。