17日、韓国の人気アイドルグループ「JYJ」のジェジュンが、コンサートのため4年ぶりに訪れたタイで現地のファンを涙させたと韓国の芸能メディアなどが伝えた。写真はジェジュン。

写真拡大

2017年3月17日、韓国の人気アイドルグループ「JYJ」のジェジュンが、コンサートのため4年ぶりに訪れたタイで現地のファンを涙させたと韓国の芸能メディアなどが伝えた。

ジェジュンは16日、除隊後初となる単独アジアツアー「2017 KIM JAEJOONG ASIATOUR ‘The REBIRTH of J’」のためタイ・バンコクの空港に到着した。この時、出迎えに訪れていたタイの大勢のファンたちが、ジェジュンの姿に目頭を熱くしたという。ジェジュンは昨年逝去したタイ・プミポン国王への哀悼の意を表するため、胸に黒色のリボン、腕に黒色のブレスレットを着けていたのだ。

これを知ったタイのファンらは「タイの人々の気持ちを尊重し愛してくれてありがとう」「ジェジュンがタイについて相当勉強し、プミポン国王を心から尊敬しているということが分かった」など、ジェジュンへの感謝の言葉を語っているという。

韓国メディアは「単に海外でコンサートをするだけでなく、その国のファンの気持ちをくみ慰めようとするジェジュンの心配りがファンたちを感動させた」とし、2011年にはジェジュンがタイ国王の回復を願う意味を込めたピンク色のネクタイ姿で国王の元を訪れたことが、改めてタイで話題となっていると伝えた。

タイのファンの書き込みから取ったのか「さすがグローバル・スター」と見出しを打つ韓国メディアもある中、韓国のネットユーザーからも「だてにトップスターじゃないな」「こういう礼儀を知っているということが大事」「実に配慮のある人物だ」「言葉よりもはるかに感動的だね」などジェジュンへの称賛コメントが多数寄せられている。

また、「国際スターとして海外のファンに対するこうして心を配る姿は韓国の名を高めることにもつながる」「礼儀を守ることは本人のみならず国の格をも上げてくれる」「芸能人たちもこうしてきちんと勉強しないとね」と、ジェジュンの姿勢を韓流スターのかがみとする声も目立つ。

さらに、「当然こうでなくっちゃ。セウォル号の犠牲者を悼む黄色いリボンを着けて韓国に来てくれた海外の芸能人たちのように、見て気持ちのいい姿だね」と立場を置き換えて語るユーザーや、「タイのファンが寄せてくれる特別な愛情に対する心遣いだろうね」「タイのファンのジェジュンへの愛は並みじゃないからな」など、タイを特別とするコメントもあった。(翻訳・編集/吉金)