「そんなことも知らねぇの?」あなたに気がある男子のディスり発言

写真拡大



好きな子をいじめたくなるのは、小学生だけじゃありません。好意を持っている相手にはいじわるを言いたくなるという男のサガは成長しても変わらないのです。今回は、男子が気がある子についつい言ってしまうディスり発言を紹介します。これを言われたら、好意を持たれていると思ってもいいかもしれませんよ!

■1.「どんくさいな」

ちょっとした失敗をしたときの「お前って天然?」「どんくせぇな」「ドジだな」という発言の裏には、「危なっかしくて守ってあげたくなる」という気持ちが隠されているのかも。男子はちょっと隙があって、心配になるような女子を可愛いと思うものです。可愛いと思ってしまった照れ隠しに、からかってくるのかもしれませんよ!

■2.「何その服?」

自分なりにおしゃれをした日に言われると、ぐさっと傷付いてしまいそうなセリフ。しかし、彼があなたに興味がないのなら、服装なんて見ていないはずですよね。あなたの服装をいつもチェックしていて、今日は違うなと気付いたからこそ、出るセリフなのです!いつもよりおしゃれなあなたに思わずドキッとした気持ちの裏返しかもしれませんよ。

■3.「そんなことも知らねぇの?」

彼が知っていることを、知らなかったとき…。こんなことを言われたらちょっとムカっときてしまいますし、何だか嫌われてるんじゃないかと思ってしまいますよね。でも、彼はムキになって「違う!本当は知ってるもん!」なんて必死で言い訳をしている、あなたの顔が見たいのかもしれません。この発言の後、「仕方ないな」と面倒くさそうに言いながらあなたに教える彼の顔を、それとなくチェックしてみましょう。どこかニヤついていたら、あなたに気があるのかもしれませんよ。

■4.「チビだな」

あなたは背の高い男性と並んだときに、その身長差にドキッとしたことがありませんか?同じように彼は、あなたの背の低さに可愛らしさを感じたのかもしれません。「相変わらず小っちゃいな」なんて言いながら、高いところにある物を取ってくれたら、恋が始まりそうな予感です。

■5.「鈍感だな」

「鈍感すぎるだろ」と言われたら、彼の心の中では「俺はこんなに好きなのに…」と思ってアプローチしているのに、あなたが気付いてないだけかもしれません。彼はあなたが、自分の気持ちに気付かずのほほんと過ごしている様子を見て、やきもきしているのです。他にも、「隙がありすぎる」という言葉は彼の好意を示す言葉。「これ以上好きにさせるな」「他の人がお前を好きになったらどうするんだ」という意味が込められているかもしれませんよ!

■裏に込められた意味を受け取って

素直に好意を表したり、褒めたりできない、Sっ気のある男子の発言。言葉そのままの意味に傷付くよりも、裏の意味を考えてときめく方が楽しく過ごせます。彼のディスり発言も、照れ隠しだと思えば可愛く思えそうですね。(tummy/ライター)

(ハウコレ編集部)