2015年11月に発売され、全世界420万本の大ヒットを記録した「モンスターハンタークロス」の続編に当たるニンテンドー3DS向けのシリーズ最新作「モンスターハンターダブルクロス」が3月18日に発売される。それに先立ち、3月10日に品川インターシティホールで完成発表会が行われた。前作は、爽快な「狩技」アクションとハンターの個性が出せる「狩猟スタイル」を導入して人気を博したが、本作はその正統進化版。その見所や進化点を、歌手のDAIGOさんと次長課長の井上聡さんが出演して大盛り上がりだった発表会の模様とともに紹介する。

↑モンスターハンターダブルクロス。実売価格:5630円

 

ハンターを手助けする3つの新機能!

最新作「モンスターハンターダブルクロス」の最大の注目点は、新たに加わった2種類の「狩猟スタイル」。これまでは、従来の操作感に近い「ギルド」、技を駆使して攻撃できる「ストライカー」、空中戦が得意な「エリアル」、モンスターの攻撃を見切って反撃する「ブシドー」の4種類だったが、攻め続けると己が強化される「ブレイヴ」と、タルを振って回復アイテムなどを生成できる「レンキン」が新たに追加。狩猟スタイルは6種類へと増えた。

 

これにより、「武器14種×狩猟スタイル6種」というシリーズでも最大級の自由度が実現している。単純にモンスターを狩るだけでなく、「レンキン」で仲間のサポートに回るといった役割分担も可能なのだ。

↑生成した錬金アイテムを仲間に渡したり攻撃に使ったりとトリッキーな活躍ができる「レンキンスタイル」(画像はCMより)

 

さらに発表会では、ハンターのかゆいところにまで手が届く3つの新機能が発表された。

■「アイテムお届け隊」


クエスト出発前に「お届け申請」を行い、クエスト中に条件を満たすとアイテムが格納されたロケットがハンターのいるエリアに直接届く。使い方によっては一気に狩りがラクになりそうだ。

 

■「本日の調査対象」

調査対象のモンスターを狩猟すると、クエストクリア時にお金と対象モンスターの素材が追加報酬としてもらえる。調査対象は1日2回、定期的に変更される。素材がより集めやすくなり、新米ハンターも装備が揃えやすい。

 

■「限界突破」


「クロス」で導入された装備のレベルアップ要素。今作では、最大レベルに達したハンターの武器や防具が、「限界突破」でさらに鍛え上げられるようになった。

 

個人的には、ちょっとマニアックだが、仕掛けた落とし穴の破壊ができる、という情報も嬉しかった。落とし穴は一度仕掛けるとしばらく新たに設置できず、モンスターがエリアから逃げていった場合はイライラするばかり。こうした細かい改善点が、随所に施されているようだ。

 

ステージに登場した「モンスターハンター」シリーズプロデューサーの辻本良三氏は、「『クロス』より遊びやすくなり、初心者にも優しいつくりになっている」と「ダブルクロス」の長所をアピール。

 

また、「ダブルクロス」のプロデューサー・小嶋慎太郎氏も「シリーズ最大級の狩り応え」と説明し、「細かいところも調整して、遊びやすくなっています。目指すところは“狩り気持ちいい”」と独自の用語でまとめていた。

 

DAIGOさん、次長課長の井上さんが登場!

発表会の中盤では「ダブルクロス」のTVCMも初お披露目。ステージ上にはDAIGOさん、井上さんが、CMでも装着していたモンハン装備で登場した。「黒炎王リオレウス装備」に身を包んだDAIGOさんは「ハンターにとっては正装です!」というように、さすがの着こなし。一方、可動域が狭い「ディノバルド装備」にやや苦戦気味の井上さんは「僕は家着ですね……」と笑いを誘っていた。

「ダブルクロス」の感想として、井上さんは「初心者にぜひやってほしい。とても細かいところでラクにさせてくれてる」と高評価。DAIGOさんも「すごくめちゃくちゃ楽しい。短くまとめるとMHSW! モンハンサイコーウィッシュ!」と恒例の「DAI語」で絶賛していた。

 

まさかのコラボも発表!

発表会では、シリーズ恒例のコラボ情報も解禁された。そのなかでも会場が沸いたのが、ちょうど発表会の1週前に発売されたNintendo Switchの目玉タイトル「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」とのコラボ。クエストをクリアすると、リンクになりきれる「古代兵装・弓」や防具「ハイリアシリーズ」が作れる素材が手に入る。モンスターに弓を向け、肉を焼くリンクの姿はモンハン世界でも違和感なし!

↑このコラボはセブン-イレブンのセブンスポット設置店で4月24日より先行配信予定

 

また、特撮テレビドラマ「牙狼〈GARO〉」シリーズとのコラボも決定。黄金騎士をモチーフにしたコラボ武具が生産できるクエストや、特別なギルドカード背景などがダウンロードコンテンツとして配信される。コラボ発表の際には、黄金の鎧をまとったハンターが実際にステージに現れ、強烈な存在感を放っていた。ほかにも多数のコラボ情報が発表されたので、詳しくは公式サイトでチェックしてほしい。

シリーズを重ねてきて、ややベテラン向けというイメージもある最近の「モンハン」だが、今作はプレイスタイルの幅の広さもあって、初心者やライトユーザーにもオススメしやすいつくり。近接武器でモンスターに突撃するばかりが狩りじゃない。自分なりの個性ある戦い方でぜひ仲間と共闘してみては?