April、韓国白血病小児がん協会の広報大使に任命「多くの方に希望と関心を持ってほしい」

写真拡大 (全2枚)

ガールズグループAprilが、韓国白血病小児がん協会の広報大使に任命されたと所属事務所のDSPメディアが本日(17日) 明らかにした。

Aprilは16日にソウル麻浦(マポ) 区にて開かれた「2017年世界小児がんの日」を記念する「小児がん認識改善キャンペーン」に参加して、広報大使の任命式に参加した。小児がんの児童を代表する子供たちが直接作った賞である「優しい約束賞」を受け、たゆまぬ活動を約束した。

Aprilは「小児がんの子供たちが作ったこの賞が、とても温かくて感謝している。グループ名のAprilのように、小児がんの子供たちに温い春の希望を伝えることができる広報大使になる」として、「小児がんの完治率が80%を越えると聞いた。多くの方々が子供たちに希望と関心を持って下さったら嬉しい」と話した。

Aprilは小児がんの子供のための希望のメッセージの作成と共に、メンバーごとの愛蔵品およびサイン入りCDをプレゼントするなど、子供のための心温まる行事に参加して式を終えた。

AprilはMnetのリアリティ番組「エIFリル」の放送を控えている。