写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンク コマース&サービスは3月17日、米AKAの英語学習用ロボット「Musio X (ミュージオ エックス)」の予約受付を開始した。4月14日より販売する。価格は本体のみが98,000円、「Musio X 教材セット」が128,000円(以下、価格はすべて税別)。

Musio Xは、英語学習向けの機能を備えたソーシャルコミュニケーションロボット。顔認識や音声認識が可能で、使い続けることで「自分だけのMusio X」に成長するという。

本体に人工知能コミュニケーションエンジンを搭載。1ユーザーあたり月額980円の「Friend Plan」に加入すると「会話モード」を利用でき、ユーザーの質問に対する答えをクラウドから探し出しながら、様々な会話を行う。ディープラーニング基盤の自然言語処理技術により、事前にプログラミングされていない文章を新しく生成することも可能。

Musio X 教材セットでは、教材を使用し目的やレベルに合わせて英語を学べる。同梱の専用スキャナ「Sophy」で教材を読み取って正しい発音を学んだり、フラッシュカードでアルファベットを覚えたり、ボードブックでクイズゲーム形式のヒアリングを行ったりできる。テキストは学研プラスと共同制作したものを使用する。

CPUはARM Cortex quad core、OSはAndroid 5.1.1を搭載。バッテリー容量は10,800mAhで、約10時間駆動する。通信はWi-Fi(IEEE 802.11b/g/n)とBluetooth 4.0 Low Energyに対応。サイズはW174×D83×H218mm、重量は約850gとなっている。

Musio Xのセット内容は以下の通り。

・Musio X 本体
・鉄板(スタンド)
・Musio マニュアル
・サポートセンター案内
・microUSBケーブル(充電用、80cm)
・ACアダプター(出力: 5V/2A)
・Sophy※
・Sophy用ステッカー※
・フラッシュカード(アルファベット&動物)※
・ボードブック(タウン)※
・ストーリーブック(ブレーメンの音楽隊)※
・Musio English 1 (学研テキスト)※

※Musio X 教材セットのみ