映画をPRするたけし(左)とヨハンソン

写真拡大

 本紙客員編集長のビートたけし(70)が16日、米人気女優スカーレット・ヨハンソン(32)主演のハリウッド映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」(4月7日公開)のPRで、昼はヨハンソンともども記者会見に出席、夜もレッドカーペットイベントに参加するなど精力的に動き回った。しかも“たけし節”を絶やさず連発し、ハリウッドの俳優たちを圧倒した。

 士郎正宗氏の大人気SFコミック「攻殻機動隊」が原作で、ハリウッドで実写映画化された「ゴースト――」。ヨハンソンが「少佐」役(原作での草薙素子)で、たけしはその上司・荒巻役を演じている。

 レッドカーペットイベントで、たけしは「自分はECCという英会話のCMをやってたから英語はペラペラと思われるけど、実際は苦手。それに撮影で、物忘れがひどいときにはカンペを持ってもらったんですけど、その相手がスカーレットだったという(笑い)。歴史に残る快挙を上げたと思っています」と明かした。

 大女優にカンペを持たせたというのだが、これはネタではなく「本当の話です」(共演者)。これを聞いたヨハンソンも「エンジョイ!」と、カンペ持ちを楽しんだと話していた。

 また、この日の昼に行われた記者会見では、冒頭あいさつから大暴走。

「やっと幸福の科学から出られたと思ったら、今度は統一教会に入ることになりそう。でも映画のためには創価学会に入ることがいいのかな」と映画とはまったく関係のない“毒ガス”を噴射した。これには隣のヨハンソンに付いた通訳も、どう訳していいのか大困惑だ。

 さらに、ハリウッドと北野作品の撮影方法の違いには「自分が監督をやる時はワンテークが多いが、ハリウッドはカメラの台数が多く、ただ、歩くシーンを撮影する時でも『グッド! ワンモア(もう1回)』『ナイス! ワン、モア』『エクセレント、ワンモア!』『ジーニアス、ワンモア!』と何カットも撮る。こりゃあ、金かかるなと思いました」と苦笑するばかりだ。

 それでもたけしは「本格的なハリウッドのコンピューターを駆使した、大きな予算の映画に出られて、自分にとってもいい経験。役者としてどう振る舞うべきか、ヨハンソンさんに教えていただいた。やはりこの人はプロだと思いました」とヨハンソンを大絶賛。ヨハンソンも笑顔で感謝の意を表した。

 世界的な俳優を前にしても、たけしは昼も夜も存在感を見せつけた格好だ。