習近平国家主席は16日、ドイツのメルケル首相と電話会談を行った。人民日報が伝えた。

習主席は「中国とドイツの国交樹立から今年で45年になる。近年、両国関係は全面的に深く発展してきた。われわれはドイツ側と共に、両国の包括的戦略パートナーシップの一層の発展を図ることを望んでいる。経済・貿易協力は中独関係発展の重要な原動力だ。中独双方は経済・貿易の互恵協力と意思疎通・協議を強化し、中独ハイレベル財政金融対話、人的・文化的交流、安全保障対話などの制度を総合的に計画し、しっかりと実行する必要がある。中国側はドイツ側がG20ハンブルクサミットを主催することを支持する」と述べた。

一方、メルケル首相は「現在独中関係の幅、深み、発展の勢いは良好だ。ドイツ側は習主席が今年1月にダボス会議で発表した重要演説を高く評価し、『一帯一路』(the belt and road)提案を支持し、ドイツによるG20ハンブルクサミット主催への中国側の支持に感謝している」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集NA)