うなぎパイ「夜のお菓子」はアノ意味じゃなかった【カレー沢薫の「ひきこもりグルメ紀行」】

写真拡大

【カレー沢薫の「ひきこもりグルメ紀行」Vol.6 浜松「うなぎパイ」】

 メジャーどころが続いて恐縮だが今回のテーマは「うなぎパイ」だ。

 メジャーすぎて類似品がクソほど出てしまっているのだが、今回は本家「夜のお菓子」こと春華堂のうなぎパイである。

◆「家族団らんのためのお菓子」という意味だった!

 しかし、夜のお菓子ときた。「夜の」と「俺の」をつければ何でも下ネタになることはあまりにも有名である。

「夜の寛永御前試合」なんてもう、将軍様の前で何してけつかるねんという話だ。

 しかし、春華堂の主張する「夜のお菓子」は「家族団らんのためのお菓子」という全く健全すぎる意味だ。

 思えば昨今、女の子の萌えキャラを登用すれば「卑猥・女性蔑視」、女子高生をポスターモデルにすれば「わいせつ物陳列罪」と、確かにそう見えるものもあるが、あきらかに過剰反応と言えるものも多い。そしてそういうことを言い出す奴に限って頭の中がエロでパンパンだったりするのだ。

 そんな奴に「夜のお菓子」というのはどうだろうか、などと言ったら泡を吹いて倒れる。

 つまり誰も「夜のお菓子」を止めなかった、ということは製作に関わった人間は全員死ぬほど健全ということである。パステル調の部屋でホットミルクを飲みながら「家族団らんなら、夜のお菓子とかいいんじゃないかしら」「すごーい」「たのしーい」で決まったのだと思う。

 この菓子は育ちがいい。信用できる。

 私みたいなのが一人でも混ざっていたら「なるほど、両親が団らんして、家族が増えるよやったねたえちゃん! ということですね」などと言い出して、このキャッチフレーズは闇に葬られたに違いない。

◆「原材料:うなぎ粉」の味がしなくてよかった

 それより、うなぎパイだ。

 うなぎパイとは平べったく長い棒状のパイだ。形をうなぎに見立てているだけかと思ったら原材料にちゃんと「うなぎ粉」が入っている。しかし、うなぎの味はしない。だがおそらくしない方が美味い。

 そう、うなぎパイは美味い。シンプルな材料に素朴な甘み、決して派手ではないが、あのサクサク感がたまらない。

 あのサクサクのためにかなりバターを使っていると思うので、デブ製造機であることには間違いなさそうだが、もしうなぎパイを開封して、リアルうなぎで言うところの肛門あたりで止めて、また明日食べようとなる奴がいたら正気を疑う。

 何が言いたいかというと、食べだしたら止まらないということだ。

◆朝のお菓子は、なぜか「すっぽんの卿」

 銘菓の老舗には赤福パイセンのようにほぼ一点張りのところもあるが、春華堂は、ほかにも多数の商品を出している。

 その中に「お菓子のフルタイム」と呼ばれる、知る人ぞ知る、知らない人は浜松市民でも知らない謎の詰め合わせがあるという。

「お菓子のフルタイム」は「夜のお菓子はあるのに、朝と昼はないのか」という、ツイッターだったら「クソリプ」と言われる、お客様の声から生まれたセットだそうだ。

 まず朝のお菓子は「すっぽんの卿」だ。

 春華堂は健全会社と言ったが、さすがにコレはわざとじゃないだろうか。しかし、春華堂はすっぽんの菓子を出しただけでそれ以上何も言っていない。すぐソッチを連想するこちらが悪いのだ。つまり「試されている」のである。

 なぜ朝のお菓子かと言うと「食欲のない朝でもサクッと食べられる」という意味らしい。

「食欲ないから、軽くすっぽんでいいよ」となる奴はそうそういない気がする。おそらく調子が良い時は朝から牛一頭ぐらい食ってる奴向けなのだろう。

 ちなみに形だけでなくちゃんとすっぽんスープも配合されているようだ。