富士急ハイランドに「進撃の巨人」エリアが誕生 -立体機動装置の浮遊感を体験するVRアトラクションなど

写真拡大

富士急ハイランドに、漫画「進撃の巨人」の世界観を表現したエリアが、2017年4月20日(木)から2018年5月6日(水)までの期間限定でオープンする。

このエリア一番の目玉は、日本初上映「進撃の巨人 THE RIDE〜トロスト区奪還作戦〜」を楽しめるシアター型アトラクション。飛行訓練にも使われる精密な動きをする座席と、その座席を包み込むように広がる半球体型巨大スクリーン、身体に響き渡るようなダイナミックな音響が連動して圧倒的なスケールで映像を楽しめるシアターでは、巨人の動きに合わせて上下・前後・左右に動きながら、「立体機動装置」を使って巨人たちに抗うシーンなど、臨場感あふれる「進撃の巨人」のダイナミックな世界観を体感できる。

また、ヘッドマウントディスプレイを装着して、上下・前後・左右360度、途切れることなく目の前に広がる「進撃の巨人」の世界を体感できる「360°VRシアター“哮”」も登場。調査兵団の一員となって体感する「立体機動装置」の浮遊感や、目の前に現れる巨人に捕食されそうになるシーンなど、迫力ある映像の没入感を体感できるVRアトラクションだ。

ほかにも、富士急ハイランドでしか購入できない限定グッズも取り揃える「兵団購買部」や、富士急ハイランド限定謎解きラリー「進撃の巨人ラリー〜フジキュウ区奪還作戦〜」など、様々なオリジナルコンテンツがラインナップ。アトラクションと合わせて、「進撃の巨人」の世界観を思う存分堪能してほしい。

【概要】
「進撃の巨人×富士急ハイランド」テーマエリア
期間:2017年4月20日(木)〜2018年5月6日(水)
アトラクション例:
・「進撃の巨人」THE RIDE 〜トロスト区奪還作戦〜
料金:1,000円 ※フリーパスでは利用不可
定員:40名
利用制限:身長110cm以上、年齢4歳以上のみ乗車可能
・360°VRシアター“哮(こう)”
料金:600円 ※フリーパス利用可能
定員:12名
利用制限:13歳以上の方利用可能


[写真付きで読む]富士急ハイランドに「進撃の巨人」エリアが誕生 -立体機動装置の浮遊感を体験するVRアトラクションなど

外部サイト

  • ハウステンボス「チューリップ祭」- 風車が回る田園風景に色鮮やかな花々
  • USJのハリーポッターの世界に過去最大スケールのナイトショーが出現、初のプロジェクションマッピング
  • 「2,000品種120万本バラ祭」長崎・ハウステンボスで - バラのガーデン×イルミネーションなど