俳優の中山優馬さんが、20日間で12キロ減量の過酷撮影の末に号泣したそうです!

それは16日に都内で行われたWOWOW「連続ドラマW 北斗-ある殺人者の回心-」の第1話試写会でのこと。共演の宮本信子さん、松尾スズキさんも登壇しました。

殺人者役をオーディションで掴んだ中山さんは、役作りのため20日間で12キロのダイエットを敢行し、残り2日の撮影では「監督から“中山、寝ないよな”と耳元で囁かれて」ほとんど不眠で挑んだそう。

撮影中は役柄の精神状態とリンクさせるため「携帯を使わない、家にテレビを置かない、愛犬と離れて別居生活をしまして、家には台本とお水しかないという状況でした」とストイックを徹底。

最終日には「ポスター撮影が終わった後に、監督が僕の愛犬を抱っこして来てくれました。夢を見ているかのようで涙が溢れてきた」と粋なサプライズに号泣したそうです。

しかし中山さんのリアクションに瀧本智行監督は「僕は号泣する準備ができていたのに撮影終わりはニコニコして、それが犬を連れていったら号泣。なんなんだよ!とは思いました」と笑わせました。

【画像】

※ (c)Nosh

【関連記事】

※ 「Hな事ばかりを…」斎藤工が高校時代の性春回想

※ 大政絢、話題のスッピン披露映画で一石二鳥実感「艶感も全然違いました」(1)

※ 山田孝之、大学生のプレイに驚愕

※ オリラジ藤森が「女子でもできる一発芸」を伝授

※ 亀梨和也、JKからの逆プロポーズに神対応!