山口蛍、17年代表初戦のUAE戦へ抱負「勝てば流れに乗っていける」

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は16日、2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の2試合に臨む日本代表メンバー25名を発表。セレッソ大阪からは、MF山口蛍とMF清武弘嗣が選出された。

 代表招集を受け、山口が抱負を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 山口は「(最終予選が)UAE戦からスタートしてホームで負けているし、個人としてはホームでやった時に試合に出られていないので、しっかり試合に出て勝利に貢献したいです」と、昨年9月1日の第1節でUAE(アラブ首長国連邦)代表に1−2と敗れたことに言及。23日に行われる第6節でのリベンジを誓い、以下のように続けた。

「昨年はUAEに負けて1年を通して苦しみながら戦ったのでスタートで決まってくると思います。しっかり勝てば流れに乗っていけるし、大事な一戦になることは間違いないと思います」

 日本代表はアジア最終予選5試合を終えて3勝1分け1敗、勝ち点「10」で2位となっている。23日にUAE代表と戦った後、3月28日には、ホーム・埼玉スタジアムでタイ代表と対戦。グループBには両国のほか、サウジアラビア、オーストラリア、イラクが同居。グループ上位2カ国に入れば本大会への出場権獲得となる。