シエラレオネで世界有数の706カラットダイヤ原石、牧師が採掘

写真拡大

[フリータウン 16日 ロイター] - シエラレオネ東部のダイヤモンド産地コノで、キリスト教の牧師が世界有数の大きさとなる706カラットのダイヤ原石を採掘した。

原石を発見したのはエマニュエル・モモー牧師。コノの地域責任者からアーネスト・バイ・コロマ大統領に届けられ、政府筋によると、現在は中央銀行で保管されている。今後、政府が競売にかける。

政府は声明を発表し、大統領はコノの責任者が原石を海外に密輸せずに仲介してくれたとして謝意を表明。「大統領は、所有者に相応の見返りがもたらされるほか、国家全体にとっても恩恵があるとして、国内で売却することの重要性を強調した」と述べた。

今後価値が算定される予定だが、数百万ドル(数億円)相当になるとみられている。

1905年に南アのカリナン鉱山で見つかった過去最大のダイヤモンド原石は3106カラット、2015年にボツワナで見つかったものは1111カラットだった。