ビル・エヴァンス、完全未発表ライブ音源がiTunes Jazzチャート1位獲得

写真拡大

 ビル・エヴァンス、エディ・ゴメス、エリオット・ジグムンドのトリオによる1976年の完全未発表コンサート音源が発掘され、40年の時を経て本日17日に世界に先駆けて日本先行発売となり、iTunes Jazzチャートで1位を獲得した。

 本作『オン・ア・マンデイ・イヴニング』は、正規盤はおろか海賊盤でも過去に一切流通したことがない音源。1976年11月15日、ウィスコンシン大学内にあるマジソン・ユニオン・シアターで行われた公演を収録したもので、当時大学生で本公演の録音アシスタントを務めた、巨匠エンジニアのジェームス・ファーバー所蔵のテープがソースとなっている。

 ゴメスやジグムンドへの最新インタビューを含むライナーノーツの中でジグムンドは、「(この音源は、)あのトリオのライブの決定版だね。スタジオ・セッションで素晴らしいのは幾つかあるし、海賊盤もあるけれど、僕らのライブの面を代表する公式の録音が遂に出るのは素晴らしいことだよ」と語っている。

◎リリース情報
アルバム『オン・ア・マンデイ・イヴニング』
2017/3/17(金)日本先行Release (海外発売日2017/3/24)
UCCO-1172/2,700円(tax out.)