チョコレートはお好きですか?ほんのり苦味と甘みが口の中でとろける、お菓子の定番チョコレート。中には毎日のように食べているという方もいるのではないでしょうか。お菓子の定番チョコレートですが、みなさんこのチョコレートがカカオから作られていることはご存知のことかと思います。ではこのカカオ含有量が高いチョコレートがもたらす健康効果についてはご存知でしたか? カカオ含有量が高いチョコレートのことを一般的に高カカオチョコレートと言いますが、この高カカオチョコレートには、様々な健康効果が期待できるとして、今大きな注目を集めているのです。

高カカオチョコレートの定義はない?

カカオ含有量が高いチョコレートのことを高カカオチョコレートと呼んでいる世間ではありますが、実はこの高カカオチョコレートの定義はまだ決まっていません。では境界線がわかりにくいかと言われればそうでもありません。一般的に販売されているチョコレートは、カカオ含有量が30%〜40%ほど。それに対して高カカオチョコレートと言われているものは、カカオ70%以上のものがほとんどです。含有量として大きな開きがある上、商品自体にも高カカオチョコレートと記載されてあるので、見分けるのに苦労することはないでしょう。

高カカオチョコレートから得られる健康効果

高カカオチョコレートに健康効果が期待できるのは、そのポリフェノール含有量の高さに秘密が隠されているよう。実はチョコレートは、植物性食品の中で最もポリフェノールが豊富な食品の1つとしても知られているのです。ポリフェノールとは抗酸化成分のことで、身体の酸化から守ってくれることから、様々な健康効果が期待できます。その具体的に健康効果とは、酸化からくる血圧上昇・動脈硬化・脳卒中の予防、脳活性化による集中力・記憶力の向上、便秘改善、美肌効果、アンチエイジング効果といったものです。脳を活性化させる働きから、高齢の方におすすめできる食品としても知られているようです。

だからといって食べすぎには注意

いくら高カカオチョコレートに健康効果が得られるからといって、食べすぎには注意していただきたいです。高カカオチョコレートは高カカオなぶん、一般的なチョコレートよりも高脂質で、高カフェインなことがわかっています。市販のパッケージ1つ分程度の、100gあたりを1日の上限と定めたほうが良さそうです。高カカオチョコレートのせっかくの健康効果が、食べ過ぎにより逆に健康を害する結果となってしまっては、もともこうもありませんからね。高カカオチョコレートは高カカオになるほど苦味が増す傾向にあるようでクセもありますが、健康効果のためにも1度実食してみてはいかがでしょうか。


writer:サプリ編集部