(c)Blood Father LLC, 2015

写真拡大

 6月3日に公開されるメル・ギブソン主演映画『ブラッド・ファーザー』より、予告編が公開された。

動画はこちら

 本作は、『ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男』のジャン=フランソワ・リシェ監督が手がけたアクション映画。トレーラーハウスでアル中のリハビリをしながら細々と暮らす元犯罪者ジョン・リンクのもとに、数年前から行方不明になっていた一人娘リディアが現れたことから、娘を守るため父ジョンがこれまで培ったサバイバル術を駆使して殺し屋や警察などを迎え撃つ模様を描く。

 『マッドマックス』のメル・ギブソンが父ジョン・リンク、『はじまりへの旅』のエリン・モリアーティが娘リディアを演じるほか、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のディエゴ・ルナ、『君が生きた証』のウィリアム・H・メイシーが出演する。

 このたび公開された予告編では、荒野のトレーラーハウスでひっそりと暮らす元犯罪者ジョン・リンクが、ギャングとトラブルを起こした娘リディアを守るため奮闘する模様が映し出されている。予告編のナレーションを務めているのは、これまで数多くのギブソンの吹替を担当してきた磯部勉。

 磯部は、「これまで、彼の激しい感じを出す事を意識していて、激しくしゃべりすぎて 酸欠になった事もあるけど、長年吹き替えをやってきて、次第に、どこで息継ぎをするのか等クセが分かってきた。やっぱり彼は、こういった荒ぶる男の役が似合うと思う。60過ぎで、自分より少し年下だけど、あのたくましさはやはりすごいね。今回は彼の映画のナレーションをするのは初めてだけど、ずっと吹替をやってきた人のナレーションが出来るのは光栄だね」とコメントしている。(リアルサウンド編集部)