16-17NBA、シカゴ・ブルズ対フェニックス・サンズ。ドライブを仕掛けるシカゴ・ブルズのドウェイン・ウェイド(2017年2月24日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米プロバスケットボール協会(NBA)のシカゴ・ブルズ(Chicago Bulls)は16日、ドウェイン・ウェイド(Dwyane Wade)が肘を骨折し、今季絶望になったことを明らかにした。

 ブルズが91-98でメンフィス・グリズリーズ(Memphis Grizzlies)に敗れた15日の試合で、ウェイドは第4クオーターに肘を負傷。そして16日に行われた検査の結果、35歳のウェイドは肘の捻挫と骨折と診断され、今季残りの試合でプレーすることが不可能になった。

 ブルズはツイッター(Twitter)で「ウェイドがMRI検査を受けた結果、肘の捻挫と小さな骨折が確認された。彼はレギュラーシーズン残りの試合を欠場する」と発表している。

 ブルズは現在、レギュラーシーズンの戦績を32勝36敗としており、イースタンカンファレンスでプレーオフ圏外の10位につけている。

 ウェイドは今季ここまで1試合平均18.6得点、3.9アシスト、4.5リバウンドの成績を残していた。
【翻訳編集】AFPBB News