国産の木材を使っている

写真拡大

木製ジョッキ工房「URAKITA工房」を展開する愛鷹(あしたか)製作所(東京都世田谷区)は、請福(せいふく)酒造(沖縄県石垣市)とコラボした「直火請福 木樽ジョッキ」を2017年3月18日に発売する。

「URAKITA工房」では、国産の樹を使った木製のジョッキ「木樽ジョッキ」を製造している。

今回発売する木樽ジョッキは、沖縄・石垣島の請福酒造の代表的な泡盛「直火請福」をモデルにした。「直火請福」の鮮やかな黄色をイメージし、正面にはロゴが彫ってある。木製なので、保冷効果が高く、結露もしにくい。

価格は、380ml(取っ手無し)が4212円(税込、以下同)、380ml(取っ手付き)が5184円、1L(取っ手無し)は7452円で、1L(取っ手付き)は8424円。