キックオフカンファレンスで健闘を誓い合った元同僚のFW大久保嘉人とMF中村憲剛

写真拡大

「DAZN×ゲキサカ」J1第4節 注目試合ピックアップ

3月18日(土)

FC東京 vs 川崎F [味スタ]

 J1第4節が18、19日に各地で行われる。味の素スタジアムでは18日にFC東京と川崎フロンターレが対戦。リーグ戦で29回目となる“多摩川クラシコ”を迎える。

 FC東京は今季、ライバルのエースFW大久保嘉人を獲得するなど大型補強を敢行。川崎Fは空いたエースの座に新主将FW小林悠が就き、鬼木達監督の下で新たな船出を切った。これまで数々の名勝負を繰り広げてきた両チームの一戦は、今季から新時代へと突入していく。

 大久保にとっては多摩川を挟んだ古巣との初対決になる。ユニフォームを青赤に変えた川崎Fの元エースは、新天地で開幕から先発フル出場を続け、チームも2連勝と好スタートを切った。だが、前節のG大阪戦では攻守ともにいいところがなく、0-3で完敗。自身もPKを失敗するなど精彩を欠いた大久保は、試合後にユニフォームを投げ捨て、怒りのままに蹴り上げてしまい、ファンやサポーターからの非難を浴びた。

 その後、大久保は自身の公式ブログで謝罪。「チームとして結果が出なかったこと、そして自分が勝利に貢献できなかったこと、その悔しさから試合後にユニフォームを投げ捨てるという行為をしてしまいました」と、クラブを強くしたいという思いが間違った方向に出てしまった。

 それでも、汚名返上の舞台は最高の形で用意された。対戦相手の川崎Fには2013年から4シーズン在籍し、クラブレジェンドのFWジュニーニョ(110得点)に次ぐ82ゴールを記録。加入初年度から3年連続でJ1得点王に輝くなど、最高の時を過ごしたクラブだ。

 J1通算171得点で歴代最多スコアラーの大久保は、これまで川崎Fの選手として、FC東京を相手にリーグ戦7試合で6ゴール。“ダービー男”が攻撃方向を180度変え、思い入れのある古巣のゴールに襲いかかる。15日のルヴァン杯・仙台戦で6-0の快勝を収めて勢いづくチームとともに、“みそぎ”の移籍後初ゴールを挙げることができるか。

(データ提供:Opta)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ