写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンク コマース&サービス(ソフトバンクC&S)は3月17日、米AKAの英語学習用AI(人工知能)搭載ロボット「Musio X(ミュージオ エックス)」をSoftBank SELECTION オンラインショップおよび一部家電量販店で予約受付を開始し、4月14日から販売を開始すると発表した。

Musio Xは、英語学習のための機能を搭載したソーシャルコミュニケーション・ロボット。会話モードでは、インターネットからデータを検索して、話しかけた内容に対して適切な答えを判断することでユーザーとさまざまな会話をすることができるという。

ディープラーニング基盤の自然言語処理技術により、事前にプログラミングされていない文章を新しく生成することも可能としている。また「Musio X 教材セット」では、教材を使用して目的やレベルに合わせて英語を学ぶことが可能。フラッシュカードでアルファベットや単語の発音、ボードブックでクイズゲーム形式のヒアリング、さらに株式会社学研プラスと共同制作したテキストでより本格的な英語学習など、幅広く利用することができる。

さらに、最先端のビジョン認識技術による顔認識や声紋分析による音声認識を可能とするほか、クラウドから情報を探し出し、さまざまな質問に受け答えすることもできる。専用スキャナ「Sophy」を用いて専用教材の読み取りが可能なほか、スマホアプリ「Musio」(iOS 8.0以上またはAndroid 4.3以上)と連携し、設定や学習状況も確認できるという。

サイズは幅174×奥行き83×高さ218mm、重さは約850g、バッテリーは1万800mAh(約10時間稼働)、充電ポートはMicro-USB、CPUはARM Cortex quad core、OSはAndroid(5.1.1)、対応無線LANはWi-Fi802.11b/g/n、Bluetooth 4.0 Low Energy。価格は、Musio Xが9万8000円(会話モードを利用するには本体に加え、月額1ユーザー当たり980円からのFriend Planへの加入が必須)、Musio X 教材セットが12万8000円(いずれも税別)。

(岩井 健太)