歌手・女優のセレーナ・ゴメスが、インスタグラムについて語った。

セレーナは昨年3月に親友で歌手のテイラー・スウィフトを抜いてインスタグラムのフォロワー数が個人のアカウントで1位に。そんなセレーナはファッション誌「ヴォーグ」に、「私がインスタグラムで最もフォローされる人になってすぐに、私はなんか、パニックになったわね。私にとってすごく(時間を)消費することになってしまったの。インスタグラムで起きて、寝て。夢中になっていたわ。自分が見たくないものを見ているって感じたの。自分が気にしたくないことを頭に入れている感じで。インスタグラムを見ているといつも最悪な気持ちになったわ。だから、目立たないようにしているの。少し幽霊みたいにしているわ」と話している。

セレーナは携帯電話にインスタグラムのアプリは入っていなくて、パスワードも知らないとのこと。セレーナは「今、17人が私の電話番号を持っているわ。たぶん、2人が有名ね」と明かしている。セレーナは現在、歌手のザ・ウィークエンドと交際中で、1人はザ・ウィークエンドの可能性が高いだろう。

また、セレーナは「私は自分のやっていることが大好きで、どれだけ幸運か分かっているわ。でも、どうやったら変な風に聞こえずに言えるかしら? 私はただ人々が私のことを忘れるのが待てないの」とコメントしている。

「ヴォーグ」誌の表紙を飾ったセレーナ・ゴメス twitterより