写真提供:マイナビニュース

写真拡大

大阪市此花区のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の2016年度の入場者数が17日、1,390万人を突破し、年間入場者数の過去最高記録を3年連続で更新したことが明らかになった。2014年度は1,270万人、2015年度は1,390万人を記録していた。

この日も大勢のゲストがオープンと同時に続々と入場するなか、10時頃に年間入場者数の記録更新を達成。そのアナウンスが流れると、ファンファーレが鳴り響き、パーク中が祝福ムードに包まれた。

達成の瞬間には、エルモ、スヌーピーをはじめ、ミニオンなどパークの人気キャラクターも駆けつけ、ゲストと一緒に紙吹雪を投げて記念すべき瞬間をお祝い。ユー・エス・ジェイの村田篤平執行役員 オペレーション本部長は「3年連続で年間入場者数 過去最高記録を更新できたのは、大勢のゲストの皆さまにご来場いただいたおかげです」と、パークとクルーを代表してあいさつした。

また、その瞬間に立ち会ったゲストは「15周年のパークは本当に"やり過ぎ"で楽しかった、パレードが好きで毎月来ていました」「『ミニオン・パーク』が楽しみ。パークはダイナミックでワクワクがあふれていてすばらしい。今日はパレードが楽しみです」「本当にすごい!ずっと来たいと思っていてやっと夢がかなった。『ミニオン・パーク』、絶対に来ます!」などとパークの感想や期待を語った。

USJは昨年開園15周年を迎え、「RE-BOOOOOOOORN(リ・ボーン) さあ、やり過ぎよう、生き返ろう」をテーマに、フライング・コースター「ザ・フライング・ダイナソー」をはじめとするさまざまな"やり過ぎ"エンターテインメントを展開。「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」も引き続き人気で、過去最高の入場者数を記録した。また、季節ごとのイベントや現在開催中の「ユニバーサル・クールジャパン」も好評で、国内外から集客を増やしているという。