(写真左から)「幻の2日ひじきと菜の花ナムル」、「幻の2日ひじき&柚子胡椒チキントルティーヤ」

写真拡大

コンビニチェーンのローソンは2017年3月21日から、全国のナチュラルローソンで「幻の2日ひじき」を使った2商品を順次発売する。

幻の2日ひじきは、農林水産省主催の「第8回 フード・アクション・ニッポン アワード2016」において、世界に通用する「究極の逸品」10産品に選定された希少品だ。大分県の姫島で1年のうち2日間でしか収穫されないという。

3月21日発売の「幻の2日ひじきと菜の花ナムル」は、幻の2日ひじきを菜の花と一緒に胡麻油で和え、コクのあるナムルに仕立てた。幻の2日ひじきの特長である、柔らかいのにシャキシャキとした食感が楽しめる。価格は299円(税込)。

「幻の2日ひじき&柚子胡椒チキントルティーヤ」は、幻の2日ひじきに、わさびソースで味付けたさっぱりとした味わいのポテトサラダを和え、トルティーヤ生地で巻いた。2日ひじきの食感と、ポテトサラダのほくほくとした食感が同時に味わえる。4月11日の発売で価格は499円(税込)。

フード・アクション・ニッポン アワードは、日本各地の食材や食文化を活かした産品を募集し表彰すべく09年に創設された制度だ。第8回は1008産品の応募があり、100産品が入賞、10産品が受賞した。九州地方からは11産品が入賞し、「幻の2日ひじき」が唯一受賞――九州地方のグランプリに輝いた。