米ColorWareが、1980年代のMacintosh風にカスタマイズしたiPhone7 Plusを発売しました。

お値段は通常iPhone7 Plusの約2倍

最近ではAirPodsを58色に塗装するなど、Apple製品のカスタマイズで知られる米ColorWareが、1980年代に売られたMacintosh風塗装を施した、カスタマイズ版iPhone7 Plus「iPhone7 Plus Retro Edition」を発売しました。
 
ケースではなく、1台1台に塗装を施したもので、中身は容量256GBのiPhone7 Plus SIMフリー版のブラックです。価格は1,899ドル(約21万5,400円)で、今注文すると2〜3週間後の出荷とのことです。アメリカでは、通常のiPhone7 Plusは969ドル(約11万円)で販売されているので、約2倍の金額ということになります。
 
ColorWareによればiPhone7 Plus Retro Editionは期間限定販売で、最初に注文を受けた25台には通し番号が入るとのことです。

iPhone6s/6s Plusでも同様の加工

背面には懐かしの虹色のAppleのロゴ、側面にはエアベントを模したベージュのストライプ模様と、旧Mac感が楽しめるデザインです。ColorWareはiPhone6s/6s Plus発売時にも同様のデザインのものを販売していることを考えると、根強いファンが存在するようです。
 
日本にも発送してくれますので、興味のある方はColorWareのサイトをチェックしてください。
 
 
Source:ColorWare via MacRumors
(lunatic)